生活習慣のコツ
2017/03/01

便の国際基準「ブリストルスケール」で腸内環境ウォッチ!

57
クリップ

女性は男性より便秘になりやすい。それ、本当です。

女性同士で美容や健康トークをしている時、結構な頻度で話題になるのが便秘。女性は男性より便秘になりやすいイメージがありますが、実はそれ、本当のこと。そこにはこんな理由があるのです。

【1】腹筋の力が弱い
男性よりも腹筋が弱いため、便を押し出す力が弱く便秘になりやすい。

【2】ホルモンの影響
排卵後から生理前の時期に活発に分泌される黄体ホルモンには、着床した卵子を刺激から守るため、周辺の臓器の動きを抑えるはたらきが。子宮に近い腸もその影響を受けるので、動きが低下し便秘がちに。

【3】ダイエットなど
食事量が少なかったり、偏ったダイエットにより、摂取する水分や食物繊維が減ると、便のかさも減り、排出されにくくなる。またトイレを我慢するのも便秘の原因に。

よい便はよい腸内環境の証!国際基準で確認しよう。

便秘が気になる人は、まずは自分の便をチェック!便には、便の状態だけでなく腸内のことがわかる情報がたくさん詰まっています。そのため、便の状態を測る国際基準もあるんです。

それが、1997年に英国ブリストル大学のヒートン教授が発表した「ブリストルスケール」。便の状態を7段階に分けたもので、医療現場でも使われています。さて、みなさんの最近のお通じは、どのレベルでしたか?

まだまだあります。便秘解消のために毎日できること。

チェックの結果、便秘傾向だったあなた。まずは毎日できることから便秘解消に取り組みましょう!健康な便には70~80%の水分が含まれていて、少なくなると固くなりがち。まずは水分補給を忘れないことと同時に、食物繊維をたっぷりと摂ることも心がけて。食物繊維は腸内の水分を吸収して膨らみ、便のかさ増しをします。この刺激で腸が活発に動き出し、スムーズなお通じが期待できるのです。

ほかにも、軽い運動をする、毎日決まった時間にトイレに入る、カラダを冷やさないなども大切!便秘はカラダの不調だけでなく、イライラや肌あれなどの原因にも。キレイのためにも、スムーズなお通じで気持ちよい毎日を過ごしたいですね。

 

試してみて!

◎便や腸内環境を把握するために、ブリストルスケールでチェックして、一定期間、記録をつけてみては?

免疫力、腸内環境に着目したブランド。より詳しい腸の情報をチェック!
 

実りある豊かな人生のために、食事・身体・心のバランスを取り戻す健康法をお届けします。

64人のメンバーがいいね!と言ってます
64件の「いいね!」がありました。
57件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください