生活習慣のコツ
2016/06/24

災害時こそ、オーラルケアが大切な理由。

この記事のタグ
94
クリップ

防災グッズの中に、オーラルケア品は入っていますか?

地震、台風、火山噴火など、私たちが住む日本は、自然災害の多い国です。いざという時のために、みなさん防災グッズの準備はしていると思いますが、その中にオーラルケア品は入っていますか?

「命にかかわることが優先なので、つい歯みがきはおろそかに…」
「貴重な水を歯みがきには使えない」
という人もいるでしょう。

事実、水が不足する被災地では、お口のケアを後回しにする人も多いようです。でも実は、口の中を清潔にできないことで、思わぬ病気になり、命にかかわる感染症にかかることもあるんです。

歯みがきができないと、命の危険も。

避難生活や水不足などから、歯みがきなどお口のケアをしないでいると、いったいどうなるのでしょうか。

特に高齢者は生理的機能が衰え、飲食物や胃液などが誤って気管に入ってしまい(=誤嚥:ごえん)、口の中で繁殖した細菌も一緒に肺まで運ばれて、誤嚥性肺炎を起こす場合も。高齢者にとって、誤嚥性肺炎は命にかかわる病気。お口のケアはまさに、命を守るケアなんです!

 

平常時に、そして災害時に、サンスターができること。

サンスターでは、このようなリスクと災害時のオーラルケアの必要性を知っていただくために、ふだんから様々な活動を行っています。

サンスター テレビCM<防災にオーラルケア>
特設サイト<覚えてください、防災にオーラルケア>

とはいえ、災害直後の被災地では、水やハブラシが足りないことがほとんど…。そんな時はどうやってオーラルケアをしたらよいのか?その方法をこれからシリーズでお伝えしていきたいと思います。

災害対策の第一歩、まずは知ることから始めましょう。
 

覚えてください。防災にオーラルケア。

160件の「いいね!」がありました。
160件の「いいね!」がありました。
94件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください