生活習慣のコツ
2019/07/05

今さら聞けない、妊娠中の歯のこと

1
クリップ

妊娠期のママのお悩み

実は妊娠中のママには歯みがきに悩んでいる人が多いのです。つわりで気分が悪い時など、歯をみがくとさらに吐き気が強まる場合があります。だからといって歯みがきをおこたると、むし歯や歯周病になるリスクが高まり、早産などお腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうことも。 ここでは、妊娠中のママが多く抱える歯にまつわるお悩みと、その答えをまとめました。

歯ぐきが腫れています…。つわりで歯をみがくのがつらいのですが…

つわりの時の歯みがきはとてもつらいものです。だからといって歯みがきをいいかげんにしてしまうと、むし歯ができやすくなるだけでなく、歯肉が腫れて出血したりもします。以下の点に気を配り、できるだけお口の中を清潔に保ちましょう。

  1. 体調の良い時に歯をみがく
  2. ブクブクうがいを十分に行う
  3. ハブラシは小さめのものを使う
  4. ハブラシを細かく動かす
  5. 顔を下に向けて歯をみがく
  6. においの強い歯磨剤をたくさん使わない
  7. ながらみがきを心がける
  8. 砂糖不使用のガム(キシリトール、還元パラチノース入りなど)を噛む

歯の丈夫な子どもに育てるにはどうすればいいですか?

赤ちゃんの歯の成長は、妊娠初期の頃から出産期まで、ずっと続いています。ですから、歯の丈夫な子どもに育てるためには、妊娠中のプレママの健康状態や栄養管理がとても大切なのです。つわりでつらい時期もあるでしょうが、調理法を工夫するなどして、赤ちゃんのために普段の食事からバランスよく栄養をとるように心がけましょう。

赤ちゃんの歯の成長のために必要な栄養素は、たんぱく質・ビタミン・カルシウム・リンなど。なかでもビタミンはA・C・Dをバランスよくとることが大切です。赤ちゃんの健康はママの健康から!お口の清潔と健康的な食生活を意識したいですね。

1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください