生活習慣のコツ
2016/10/27

【歯科医監修】子どもを虫歯(ミュータンス菌)から守ろう!「感染の窓」とは?

25
クリップ

知っていますか?虫歯菌が襲ってくる「感染の窓」のこと。

子どもを虫歯にしたくないのは、親共通の願い。実は、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因になるミュータンス菌は存在しません。ではなぜ?いつ頃から?子どもたちはミュータンス菌に感染し、虫歯になってしまうのでしょうか。

その感染源のひとつが、実は一緒に生活する家族の唾液と言われています。しかも感染しやすい要注意時期があり、それが、歯科関係者が「感染の窓」と呼んでいる1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃なのです。つまり、家族の唾液から虫歯菌が赤ちゃんにうつることがあるのです。

この頃は、歯が次々と生える時期。しかも乳前歯よりもかたちが複雑な乳臼歯(奥歯)も増えるので、ミュータンス菌に感染すると虫歯になりやすくなってしまうのです。

できるだけ感染させないために、親がしてあげられること。

我が子の歯を守るために、特にこの時期は「できるだけ感染しない」ための工夫をしてみましょう。サンスター千里歯科診療所 小児歯科専門医 宮本先生にその方法を教えて頂きました。

1)食べさせ方に気をつける
大人が使ったスプーンで食べさせない、噛み与えをしない、フーフー冷ましをなるべくしないなど。

2)うがいのコップも別々に
この頃は歯みがき練習期。うがいのコップは子ども専用に。

3)お口へのチュッに気をつける
お口へのキスも意外な盲点。 でも、スキンシップが減るのは考えもの。あまり神経質にはならないように!

4)親自身がしっかり歯みがきを
家族に虫歯が多いほど、子どもに感染しやすいと言われています。自分自身の虫歯にも気をつけましょう。

虫歯予防のために、食後の歯みがき習慣、甘いものを食べすぎない、ダラダラ食べを避ける(唾液での中和が遅くなり虫歯になりやすい)、定期的に歯医者へ行きフッ素ケアをする、なども大切。「感染の窓」が開く時期を親子で一緒に乗り切りましょう!

 

こちらの記事もオススメ

歯科医が教えます>子どもの歯みがき嫌い克服方法

会員登録1分!>毎月100名に電子マネーが当たる

日本アトピー協会推薦品>寝具ケアはピュアイズム(LOHACOサイトへ移動)

 

試してみて!

こんなクセをつけたり、直したりすることも、感染予防&虫歯予防につながります。
◎水やお茶はストローではなくコップで飲むクセを。口全体に広がり洗浄効果が期待できます。
◎お口をポカンと開けるクセに注意。お口が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなります。

 

「感染の窓」対策には、子どものお口を考えたシリーズで。
 

Doは、家族のために安心して選べる基本のオーラルケア・シリーズです。

87件の「いいね!」がありました。
87件の「いいね!」がありました。
25件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください