生活習慣のコツ
2018/12/04

知っていますか?永久歯が生えない子が増えているという事実

15
クリップ

近年増えている永久歯の先天性欠如って?

6歳から12歳くらいまでの間に乳歯が抜け、永久歯へと生えかわるのは成長の過程としてごく当たり前…と思っていたはずが、なぜか抜けない乳歯がある。実はそんな子どもが近年増加しています。

これは、乳歯を押し上げるはずの歯胚(永久歯の芽)がないために、永久歯に生えかわらない「先天性欠如」という歯の形成異常の一種。残っていた乳歯も、大人になると抜けてしまうことが多く、そうすると本来あるべき歯の数(永久歯の場合、親知らずを除くと28本)に満たない状態になってしまいます。その結果、歯並び、噛みあわせ、あごの成長などに影響が出て、ひいては歯周病やムシ歯、発声や食事のしにくさなどにつながることもあるのです。

先天性欠如は10人に1人の割合で発生するため、それほど珍しいものではありません。ただ、近年増加の傾向にあるのと、原因が明らかになっていないので予防できないのが気になるところ…。歯の生えかわりは1~2年の個人差はありますが、もしお子さんに気になる乳歯があるのなら、歯医者さんでチェックしてもらうのもひとつの方法です。レントゲンで永久歯の本数を確認することができます。まずは一度、お子さんと一緒にお口の中を確認してみてくださいね。

先天性欠如とわかった時の治療法

治療法は年齢によって違ってきます。大きく2段階に分けてご紹介しましょう。

●若年層(子ども~20代)の場合
小学生以下の場合は、残った乳歯がムシ歯にならないようにケアをしつつ経過観察を続けます。生えるべき永久歯がすべて揃った中学生以降から20歳くらいの間に乳歯を抜き、歯列矯正することですき間をカバーしていきます。

●30歳以降の場合
30歳以降になると乳歯が残っている場合は少なく、ほとんどの場合は抜けてしまいます。ここではじめて先天性欠如とわかる人もいます。この場合、歯列矯正ですき間をカバーすることもありますが、年齢的に効果が現れにくいことも。そんな時はインプラントや入れ歯などですき間を埋める対応をします。

どちらにしても、歯医者さんで時間をかけた治療が必要になります。子どもの時にわかっていれば、年齢にあわせて歯の成長を予測、観察しながら長期的な治療プランが立てられるので、やはり安心といえるでしょう。もし先天性欠如だった場合でも、適切な治療ができるよう、早めに確認してあげたいものですね。

この記事のタグ
15件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください