生活習慣のコツ
2016/10/03

自律神経のバランスを整える「冷温交代浴」のススメ。

この記事のタグ
32
クリップ

「だるさ」や「つかれ」を感じたら、自律神経が乱れているかも?

「病気ではないのだけど、なんだか疲れやすい」、「カラダがだるい」・・・。そんなときは、自律神経のバランスが乱れているサインかも。 カラダと心のバランスを整えるために、サンスター心身健康道場で取り入れているのが、18℃の水と42℃のお湯をはった浴槽に交互に入浴する「冷温交代浴(れいおんこうたいよく)」です。「交代浴」は、オリンピックアスリートも実践している、注目の入浴法です。

冷温交代浴には、こんな効果が。

交代浴は、冷たい水と温かいお湯に交互に入るために血流がよくなり、疲労回復が早まったり、冷え性やむくみの改善にも作用するといわれています。また、自律神経の乱れが整うことで、カラダだけでなく心もリラックスさせてくれたり、ストレスに強くなることも。自律神経のバランスを整えることは、腸内細菌のバランスを整え、免疫力を高めることにもつながります。

自宅でできる冷温交代浴のしかた。

サンスターの心身健康道場では、水とお湯の2つの浴槽で行っていますが、シャワーと浴槽を上手に活用すれば、ご自宅でも冷温交代浴は簡単にできます。

【1】シャワーで約18℃の水を浴びる。
まずは足元に、次に首元に1分間水をかけます。(冬場、冷たすぎる場合は水温を上げましょう。全身に水がかかるのを避けるために、座って浴びても問題ありません。)

【2】約42℃のお湯に浸かる。
次に浴槽のお湯に1分間浸かります。

こうやって9回繰り返します。
ポイントは、必ず最後は「水」で終わること。それさえ守れば、9回じゃなくても「気持ちいい」と感じるところで終わってもOK。

こんな方は要注意。

高血圧の方、心臓や肝臓など内臓に持病のある方、発熱のある方、体調の悪い方は、避けましょう。また高齢の方は、行う前に必ず医師に相談してください。

 

試してみて!

◎夜のお風呂で、ぐっすり。
冷温交代浴はいつ行ってもOKですが、ぜひおやすみ前に試してみてください。自律神経のバランスが整うことで、眠りが深くなるといわれています。
◎最初は、入浴長めでだんだん慣らしても。
1分交代が大変な場合は、最初は少し長めに浸かって、段々入浴の時間を短くしていきましょう。

冷温交代浴をはじめ、健康力を目覚めさせる健康法がいろいろ。
 

健康道場は、食事、身体、心のアプローチから、免疫力向上をサポートします。

100件の「いいね!」がありました。
100件の「いいね!」がありました。
32件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください