コラム
2015/11/24

ダイエット飲料の甘い罠!? 陥りがちな考え方を知って、ダイエット飲料とうまくつきあおう!

195 views

今週は、ダイエット飲料を飲む時にぜひ思い出していただきたいこちらのニュースをお届けします。

ダイエット飲料で血糖を下げられる? かえって過食が増えることも

スーパーやコンビニで、健康的なイメージのダイエット飲料がたくさん並んでいますよね。特に、人工甘味料を使ってカロリーゼロをアピールした清涼飲料は、おいしさはそのままにカロリーが抑えられていることもあって、普段飲んでいる方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

糖尿病ニュースでは、以前人工甘味料の糖尿病リスクについてご紹介したことがありましたが、今回は異なった切り口でそのリスクをご紹介したいと思います。

ダイエット飲料を飲むと、「ダイエット飲料でカロリーを浮かせたからちょっとは食べてもいいかな♪」と、より多く食べることを正当化した経験ってありませんか?
(何を隠そう、私にも思い当たるフシが・・・笑)

イリノイ大学のルオペン アン教授らが調査したところによると、ダイエット飲料を飲んでいる人は、アルコールや加糖飲料を飲んでいる人に比べて「1日の総摂取カロリー」自体は少ないものの、クッキーやアイスクリーム、チョコレート、ケーキ類、フライド・ポテトのような、高カロリーで栄養価の低い不健康な「嗜好食品」については1日49kcal多く摂っていることが明らかになりました。

「カロリーを抑えたから、普段我慢しているものを食べてもいいかな」と思ってしまいがちですが、カロリーを抑えたからといって、その代わりに栄養価が低いものや、また抑えた以上のカロリーを摂ってしまうと、何とも本末転倒ですよね。

また「カロリーを抑えた分、嗜好品も食べていいよね」と正当化するパターンとは逆に、「嗜好品を食べたからその穴埋めとして、ダイエット飲料を飲むか・・・」というパターンもあるかもしれませんね。
(やっぱりこちらも思い当たるフシが・・・)

ダイエット飲料は、あまり摂りすぎないようにしながらうまく利用していきたいなと思いますが、これからダイエット飲料を飲む時は、今回のニュースを思い出しそうと誓ったたまきです(笑)

 

▶元記事を読む

※引用元:糖尿病ネットワーク
ダイエット飲料で血糖を下げられる? かえって過食が増えることも - 2015年10月09日
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/024247.php
[日本医療・健康情報研究所] Copyright @ 2015 Soshinsha.

※このコラムは、「糖尿病とうまくつきあう」サイトに掲載されたものです。
続きを読む
0件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる