コラム
2019/11/30

赤ちゃんの前歯が生えてくる前にすること、生えた後にすること

318 views
このコラムの監修者▼
 

赤ちゃんのお口の中と歯の変化

赤ちゃんの歯のもと(歯胚)は、お母さんのおなかの中にいる頃から作られはじめますが、生まれたばかりの時に歯は生えていません。

個人差はありますが、生後6ヶ月くらいから下の前歯が生え、生後8ヶ月頃に上下の前歯が生え揃う時期には、舌で食べ物を押しつぶしたり食べ物を運んだりできるように。やがて歯ぐきがふくらんでくると、歯ぐきを使って食べ物をかみつぶすことができ、徐々に咀嚼が可能になります。

歯が生える前はオーラルケアの準備期間

「歯のお手入れや歯みがきは歯が生えてからで大丈夫」という考えは間違いではありません。歯が生えるまでは、歯みがきの準備期間と考え、スキンシップを心がけることをおすすめします。

実は、歯が生えてお手入れをはじめようとすると、お口の中をさわられるのを赤ちゃんがいやがることがあります。なるべくいやがられないようにするために、スキンシップを通して、顔やお口のまわりを触られたり、お口に指を入れられたりすることに赤ちゃんが慣れていると、お口のお手入れをスムーズにはじめやすくなります。

また、歯が生える前から甘いものを与えすぎない、夜寝る前に食べ物を与えないなどの生活習慣を整えておくと、むし歯予防につながっていきます。

前歯が生えてきたらお手入れをスタート

個人差はありますが、生後6ヶ月頃、下の前歯が生えてきたら、いよいよお口のお手入れのはじまりです。

足の間に赤ちゃんを仰向けに寝かせて、口の中を見渡しやすい姿勢にしたら、最初はガーゼを巻きつけた指や綿棒で歯やその周りの汚れを拭き、お口にモノが入ることに慣れさせます。次にハブラシを使ってみて、いやがるようならガーゼ拭きに戻るというふうに、ハブラシに徐々に移行してください。

乳歯の第1乳臼歯は1歳半くらいから、一番奥の第2乳臼歯は2歳半くらいから生えます。この時期までにハブラシへの移行を済ませておくのが目安です。

赤ちゃんのうちからお口のお手入れが大切な理由

「むし歯ができても治療すればいい」「歯だけの問題」と思っている人も多いようです。
むし歯が進行すると、痛んだり歯を失ったりするだけではありません。栄養を十分に摂れない、お口や顎などの正常な発育を妨げる、精神面への影響などが指摘されています。

お口の中の健康は全身の健康と関連していることを理解し、早いうちから歯をみがく習慣をつけるとともに、甘いものを摂りすぎない生活習慣を身につけることが大切です。


 
監修/髙島由紀子(たかしま ゆきこ)
歯科医師、歯学博士、日本小児歯科学会専門医
1982年大阪府生まれ。2007年広島大学歯学部卒業。2011年に大阪大学大学院歯学研究科を卒業後、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科にて助教、講師を勤めた後、2019年より一般財団法人サンスター財団附属千里歯科診療所にて勤務。
続きを読む
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる