生活習慣のコツ
2016/02/16

ハブラシをグーで握るのって、だめなの?

この記事のタグ
43
クリップ

ハブラシの持ち方が自分に合っていない人、意外と多いかも。

毎日の歯みがき。みなさんはどんな風にハブラシを持っていますか?
一般的なハブラシの持ち方には、グーで握る「パームグリップ」と、エンピツを持つような持ち方の「ペングリップ」の大きく2つがあります。

以前サンスターでどっち派かを聞いてみたところ、見事に半分に分かれました。目玉焼きには醤油派?ソース派?くらいのいい勝負でした。


出典:ガム・ユーザー調査
投票数合計:588 (グーで握る感じ:285 鉛筆を持つ感じ:279 その他:24)

「ペングリップ」は、ムダな力が入りにくい持ち方。

汚れを落とすために、ゴシゴシとみがきたくなる気持ちも分かりますが、実はそれはあまりよくない習慣です。

サンスターのおすすめはペングリップ。パームグリップでも良いのですが、ペングリップの方が、ムダな力が入りにくい持ち方なのです。歯みがきで大切なのは、強くみがくことではなく、「みがき残しがないように1本1本丁寧にみがく」ことなんですね。

ペングリップでうまくみがくコツは脇をしめること。こうすると力を入れなくても、手が安定して小刻みに動かしやすくなります。

 

試してみて!

とは言え、習慣はなかなか変わらないもの。そんな人は、
◎それとなく洗面所にボールペンを置く
など、みがく前にペングリップを思い出す工夫をしてみましょう。

また、普段パームグリップでみがいている人は、持ちにくいなぁと思ったら、まずは前歯だけペングリップでみがくなど部分的に試して、慣れてきたらみがく場所を増やしていきましょう。

 

自分に合ったハブラシを見つけてみましょう。
 

ガム・デンタルブラシは、歯科医がすすめる基本設計。気になるお口の状態に合わせてお選びいただけます。

108件の「いいね!」がありました。
108件の「いいね!」がありました。
43件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください