コラム
2015/10/13

あなたの労働時間は、週にどれくらい? 脳卒中や心筋梗塞リスクが増加するラインは「週○○時間以上」!

179 views

先週に引き続き今週も、特に働きながら糖尿病の治療をされている方へお届けしたい、ちょっと気になるこんなニュースです。

長時間労働は脳卒中や心筋梗塞のリスクを高める ストレスが影響

少し振り返って考えてみてください。皆さんは、週に何時間くらい働いているでしょうか?

週の労働時間が「55時間以上」だった方は、要注意!

55時間以上働く人は、通常勤務の人に比べて脳卒中のリスクが高くなるという研究結果が医学誌に発表されました。

長時間労働の疾患リスクは脳卒中以外にも。
冠動脈の疾患も、同じようにリスクが高まることが確認されています。

脳卒中と冠動脈の疾患、どちらについても長時間労働がどのように影響しているのか、そのメカニズムは分かっていないようですが、長時間労働に伴う過剰なストレスや、ストレスによる喫煙や飲酒などの習慣、さらに長時間のデスクワークによる運動不足などが影響を与えている可能性が語られています。

自分だけでは、なかなか環境を変えるのが難しいのが現状かなと思いますが、病気の発症リスクに影響が考えられる習慣のうち、自分の意志で変えられるものから、変えるようにしていきたいですね。

 

▶元記事を読む

※引用元:糖尿病ネットワーク
長時間労働は脳卒中や心筋梗塞のリスクを高める ストレスが影響 - 2015年09月23日
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/024167.php
[日本医療・健康情報研究所] Copyright @ 2015 Soshinsha.

※このコラムは、「糖尿病とうまくつきあう」サイトに掲載されたものです。
続きを読む
0件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる