コラム
2018/10/01

調理アドバイス 手作り凍り豆腐

554 views

手作り凍り豆腐

‘畑のお肉’と言われている大豆。タンパク質が豊富で、健康には欠かせない食材です。ひと手間かけて、普段の食生活に取り入れてみてください。

作り方

もめん豆腐を厚さ1cm程度に切ってラップで包み、冷凍庫にひと晩入れて凍らせます。早く作りたい場合は、切った豆腐をアルミバットに並べて冷凍庫に入れておけば、3~4時間で凍ります。

戻し方

常温で自然解凍をしたら、絞って水分を取り除きます。早く作りたい場合は、電子レンジで1枚あたり約1分を目安に解凍することもできます。

市販の凍り豆腐(高野豆腐)を使う場合

バットに50℃前後のお湯を張り、凍り豆腐を並べて落し蓋をします。10分程度おいてから指で中心を押し、柔らかくなっていれば、手のひらではさんで水気を絞ります。ボウルの水を取り替えながら何度か洗い、にごった水がでなくなればしっかり絞ります。

※このコラムは、「糖尿病とうまくつきあう」サイトに掲載されたものです。
続きを読む
2件の「いいね!」がありました。
2件の「いいね!」がありました。
この記事のタグ
  • #糖尿病のこと
  • 0件のコメントがあります。
    並び替え
    コメントするにはログインしてください
    投稿の報告
    「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
    該当する理由を選択してください。
    キャンセル  
    投稿の報告
    通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
    閉じる
    ご協力ありがとうございました
    ※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
    注意事項
    ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
    ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
    ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
    閉じる