コラム
2021/03/24

歯がしみる原因と対処法~歯周病との関係は?

7
830 views

冷たい水で口をゆすいだ時や、歯みがきの時に歯がしみた経験はありませんか?

歯は、エナメル質、象牙質、神経(歯髄)の3層構造になっています。歯に冷たい物や熱い物が触れたり、ハブラシで強くこすったりしても痛みを感じないのは、エナメル質が内側の象牙質や神経を刺激から守っているためです。

ところが、加齢や歯周病などが原因で象牙質がむき出しになると、ちょっとした温度変化や、ブラッシングの刺激などで、歯がしみるようになります。


加齢や歯周病などが原因でむき出しになった象牙質にあいた穴(象牙細管)から刺激が伝わり歯がしみる原因に。

歯がしみる原因

歯がしみる時に、まず思い浮かべるのはむし歯です。しかし、むし歯がない場合でも、歯がしみることがあります。主な原因には以下のようなものがあります。

●むし歯
むし歯でエナメル質が溶かされて穴があくと、歯がしみるようになります。

むし歯の進行度は、COからC4の5段階に分類されます。むし歯がエナメル質の表面に留まっているC1では痛みはありませんが、歯がしみる症状が出はじめることもあります。

むし歯が象牙質まで進んだC2では、冷たい物や甘い物が歯にしみるようになり、神経にまで進行したC3になると、ズキズキとした強い痛みを感じるようになります。


もっとも初期の「CO」はこれ「シーゼロ」ではなく「シーオー」と読み、Questionable Caries for Observation(要観察歯)の略。

●知覚過敏
むし歯でも歯周病でもないのに、冷たい物がしみたり、ブラッシングで痛みを感じる場合は、知覚過敏かもしれません。

ブラッシング圧が強い、歯ぎしりや噛み締めのクセがある、お酢や炭酸飲料、ワインなどの酸性度の高い食べ物をよく食べる…こうした生活習慣によって、エナメル質が薄くなったり欠けたりすることで、歯がしみるようになります。

歯の外側にある「エナメル質」が摩耗すると徐々に象牙質が露出してしまい、象牙質にある「象牙細管」という無数の穴を通じて、外部からの刺激が神経(歯髄)に伝わり、しみてしまうのです。

歯がしみる時の対処法

むし歯が初期のうちは、知覚過敏と見分けがつきにくいもの。すぐに歯科医院で診察してもらうのが最良の方法ですが、自分でできる対処法で様子を見たいと思う方も多いでしょう。そんな時のセルフケアの方法をお知らせします。

●フッ素入りのハミガキを使う
エナメル質が少し弱くなっているため歯がしみやすいという方には、薬用成分のフッ素が配合されているハミガキがおすすめです。フッ素には、歯の再石灰化を促進するはたらきがあります。そのため、フッ素入りのハミガキを使い続けているうちにエナメル質が補修され、症状が治まることもあります。さらに、歯からカルシウムが溶け出す「脱灰(だっかい)」を抑える作用によって、知覚過敏の予防にも役立ちます。


知覚過敏専用のハミガキもあるので、上手に活用して。

●知覚過敏用の塗り薬を使う
歯科医院では、露出した象牙質に薬剤を塗ったり、表面をコーティングすることで、刺激から歯を守る治療を行っています。近年では、重度の知覚過敏にも効果的なレーザー治療も注目されています。

●冷たい物や熱い物などの温度刺激を避ける
歯がしみないようにするには、冷たい物や熱い物といった刺激物を避けるのが、手っ取り早い方法です。

歯がしみる嫌な感じやキーンとした痛みを何度も感じていると、それを避けるために歯みがきがおろそかになり、むし歯や歯周病になってしまうこともあります。まずは刺激物を避け、丁寧に歯みがきを行いましょう。

熱い物で歯がしみる場合は、冷たい物でしみる時よりも、症状が進んでいる可能性が高くなります。なるべく早く、歯科医院に相談しましょう。


熱い飲み物がしみるようになったら要注意。

痛みがひどい時、長引く時は、歯科医院を受診

歯の治療は遅くなればなるほど削る量が増え、時間もお金もかかるだけでなく、歯を失う可能性が高くなります。

はじめはしみるだけだったのに、痛むようになった。痛みがひどくなってきた。知覚過敏用のハミガキを使っても全然効果が出ない。そんな時には、すぐに歯科医院で診断・治療をしてもらいましょう。

取材・記事 クラブサンスター編集部

7件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • こんにちは、運営スタッフのヒカルです。
    歯がしみるといっても、原因はさまざまのようですね。
    食べ物やブラッシングで歯がしみるのは、なかなか辛いものです。
    痛みが気になるときは、我慢せず歯科医院を受診しましょう。
    2021/03/30
  • 知覚過敏の原因はいくつかあるんですね。
    読んでいて心当たりがあることもありました。
    生活習慣での知覚過敏は頑張って予防しなくては。
    2021/03/27
  • 自力では何ともならない歯や歯肉の異変は即刻受診した方がいい。絶対に。


    歯周病だと思っていたら皮膚科でカンジダだと言われたり、かかりつけの眼科や泌尿器科の影響もかなり大きくて助けられたけど。
    1番最初は嚥下のリハビリで酸齲歯や口の中が(痛くないけど)赤く腫れたのを見て胃食道逆流症を疑われて、リハビリの先生が内科の主治医に話してから原因疾患の検査が一気に進んだから。

    私は生まれつき病気持ちだから確かに少し特殊かもしれないし恵まれた環境ではあるけれど、胃食道逆流症がおきている原因の説明をしてくれたり色々な事に対しての対処法を教えてくれたのは歯科の先生だったりする。
    総じて、歯科の先生は万能プレイヤーだと思う。
    2021/03/25
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる