コラム
2021/08/20

専門家に聞く!妊娠中の正しい貧血予防策と早めに対策しておきたい理由

1
444 views

妊娠中はカラダが変化することで、さまざまな体調不良を引き起こします。その中でも起こりやすいのが貧血です。今回お話をうかがった藤田医科大学で妊娠中・産後の貧血について研究をしている清水三紀子先生によると、日本人女性の貧血事情は深刻ながらも、その意識がかなり低いのだそう。妊婦貧血が起こる理由や適切な予防策など、貧血に対する理解をしっかり深めておきましょう。

監修者プロフィール

 
清水三紀子(しみず みきこ)
藤田医科大学 保健衛生学部 看護学科 母性看護学 講師/愛知県母性衛生学会幹事 NPO法人 創Seeds 理事 豊明市産後ケア委託事業代表/助産師。母性看護学を専門分野として、主に妊娠・産後貧血の予防・改善に関する研究を行う。創Seedsや豊明市産後ケア委託事業の活動を通して、豊明市のまちづくりに携わっている。

妊娠中に貧血になりやすいのはなぜ?もっとも注意するべきは妊娠8ヶ月目

――妊娠中に貧血になりやすいのはなぜなのでしょうか?

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを成長させるために鉄分を必要とします。そのため鉄分不足で貧血が起こりやすくなります。

厚生労働省によると、日本人の18歳から49歳までの女性が1日に必要な鉄分は推定平均必要量(※1)で5.5mg(月経時は除く)です。それが妊娠初期になるとプラス2.0mg、妊娠中期になってくるとプラス8.0mgも必要になります。

――妊娠中、どの時期がいちばん貧血になりやすいのでしょうか?

8ヶ月目くらいですね。この時期は血液の全体量が最大になる時期です。しかし水分量は増えていくのに対して、赤血球の産生が間にあわない…つまり貧血(血液中の赤血球が不足する状態)を起こしやすくなります。

妊娠中に貧血が起こるとどうなる?妊婦さんが知っておきたいこと

貧血のあるお母さんから低出生体重児が生まれてくる確率が高いとか、身長が少し低くなる場合があるとか、早産まではいかなくとも少しだけ分娩の時期が早まるなど、とても多くの研究報告があります。しかし、一方で貧血でもそうでなくても低出生体重児が生まれてくる確率は変わらなかった…という研究結果も報告されています。

エビデンスとして不確かなところもあるのが現状ですが、低出生体重児が生まれる確率が高いという報告がたくさんあるのも事実です。ですので貧血を予防するに越したことはありません。

そして赤ちゃんへの影響だけでなく、お母さん自身の体調も無視できません。貧血はだるかったり、ふらついたり、めまいがしたり…という症状を伴います。お母さん自身もつらいですし、ふらついて転んだりする危険性もあるので、しっかり予防しておくことが大切です。

妊婦さんに必要な鉄分摂取量は?正しい貧血対策

――妊娠中、鉄分はどれくらい摂取するのがいいのでしょうか?ネットで調べてみたところ書いてある数字がバラバラだったのですが…。

鉄分の摂取量に関しては、厚生労働省が出している「日本人の食事摂取基準」の最新版(2020年版)で確認するのが確実です。ネットの記事にバラツキがあるのは、改定されて数字が変わっていっているので、古い記事ですと数字が違う可能性があります。また「推定平均必要量(※1)」と「推奨量(※2)」の2種類の数字が設定されているので、その違いもあるのかもしれません。

――どの数字を参考にしたらいいのでしょうか?

細かい数字の差なので、実際にその鉄分量を計りながら摂取することは、難しいと思います。ですので「妊娠前以上にしっかりと摂らないといけない」ことと、大体の量を意識していただくので十分かと思います。

【女性18歳~49歳】
推定平均必要量5.5mg → 妊娠初期プラス2.0mg 中期・後期プラス8.0mg
推奨量6.5mg → 妊娠初期プラス2.5mg 中期・後期プラス9.5mg
*「日本人の食事摂取基準 2020年版(厚生労働省)」より

――鉄分の摂り過ぎも良くないといわれていますが、どれくらいの量を摂ったら摂り過ぎになるのでしょうか?

同じ資料によると、妊婦さんかどうかは関係なく、成人女性の(耐用)上限量で40㎎という設定がされています。ただこの量を意識せずに摂るのは、かなり難しいのでそこまで心配しなくていいかもしれません。

――鉄分の摂取の仕方についてアドバイスがあればお願いします。

鉄分に関しては食事やサプリメントなど外から摂るしか方法がありません。効率的に摂る方法を自分なりに考えていくことがポイントです。

例えば1回の食事で鉄分をたくさん摂っても吸収率が悪いと効率が悪くなります。吸収率を良くするにはタンパク質、ビタミンC、ビタミンD、葉酸を一緒に摂るのが良いといわれていますし、胃酸の分泌を良くすることで吸収率が上がるので、よく噛むことも大切。定期的に摂取していくことも重要なので、3食しっかり食べることも関係してきます。

また、鉄分は「ヘム鉄」「非ヘム鉄」の2種類あります。「ヘム鉄」は、肉、魚、卵などの動物性の食品に含まれる鉄分。「非ヘム鉄」は野菜、海藻、大豆など、植物性の食品に含まれる鉄分です。特徴の違いとして、「ヘム鉄」の方が吸収率が高いことが挙げられます。そのため、「ヘム鉄」を摂る方が効率的ですが、食事では動物性食品を多く摂ることにつながり、カロリーが高くなりがちなので、やはり大事なのはバランスです。

鉄分を効率良く摂取する方法については、たくさんの情報があります。ですので、厚生労働省のホームページ内に載っている「妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針(令和3年3月)」や、同じく厚生労働省が発行している「妊産婦のための食事バランスガイド」をご参考いただきながら、ご自身の生活を一度見直してみるのがおすすめです。

どこかに改善すべき点が出てくるので、それをひとつひとつ見直していくのがいいのではないでしょうか。

つわりなどの影響で食べ物が食べられない時は、無理する必要はありません。“食べられる時に食べる”という考え方で良いと思います。

――サプリメントはどのように活用するのが良いのでしょうか?

食事から摂るに越したことはないですが、サプリメントも食品の一部と考えて、足りない量を補うのがいいと思います。

先ほどの「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」でいうと、サプリメントで摂るのであれば、吸収率が高い「ヘム鉄」がおすすめですが、全体的に「非ヘム鉄」より「ヘム鉄」のサプリメントの方が価格が高くなっているようです。

サプリメントに関してはヘム鉄か非ヘム鉄かを見極めるにはある程度の知識が必要となってきます。ですので、サプリメントの服用などについては、主治医の方など、専門機関にご相談の上で摂取するようにしていただくとよいかと思います。

効果が出るのは1ヶ月後?貧血対策はできれば妊活中からがベスト

――そのほかに、貧血対策において大切なことはありますか?

そもそも自分が貧血かどうかハッキリわかっている人が多くないという実情があるので、ご自身が貧血かどうかを把握することが大切です。例えば血液検査をした時に、どの値を見れば自分が貧血かどうかがわかるのか?という知識を持っておくといいと思いますね。

その項目は「赤血球」「ヘモグロビン」「ヘマトクリット」の3つ。これらが基準値より低い場合は注意する必要があります。

また貧血対策をするなら早いに越したことはありません。できれば妊活中から意識して欲しいですね。というのも、サプリメントや食事改善で貧血対策をしても、その効果はすぐには出ないんです。赤血球の寿命や入れ替わりのことを考えると、“1ヶ月くらい”はかかります。

――なぜそんなにかかってしまうのでしょうか?

赤血球には120日という寿命があり、常に新しいものと入れ替わっています。

貧血対策をはじめて、赤血球を作るのに必要な鉄分を吸収できたとして、そこから赤血球ができあがるまでにまず約1週間かかります。栄養吸収にも段階があり、赤血球を作るのに必要な鉄分を1日で吸収することはありえません。よって、そこにも数日かかります。

となると、貧血対策をはじめてから栄養吸収を開始して数日、そこから赤血球が作られて1週間。そのあたりから徐々に赤血球が増えていく、という流れになります。その間に寿命を迎えて減っていく赤血球もいるので、それを考えあわせると貧血が改善されるまで1ヶ月くらいとみていたほうがいいということになります。

妊娠がわかった時が、妊娠3ヶ月目だったとして、そこから1ヶ月後となると、もう妊娠4ヶ月目以降です。その頃になると、赤ちゃんの主な臓器のほとんどは完成しています。その時に鉄分が体内に十分にあることが望ましいことを考えると、妊娠がわかってから、ではなく妊活をはじめた時から貧血への意識を持っていただくのがいいと思います。

※1 「推定平均必要量」は50%の人が必要量を満たす量で、科学的に根拠があるもの。
※2 「推奨量」はほとんどの人が必要量を満たす量(97.5%が充足)。

取材・記事 クラブサンスター編集部

この記事を読んで、今の気持ちに一番近いものをひとつだけクリック!(タップ)

感想を受け付けました

※「今月のアンケート」にご参加の方は「読んだよ」マークのクリックもお忘れなく。

1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる