生活習慣のコツ
2019/07/05

子どもの頃から歯医者さんに慣れること

1
クリップ

治療だけではなく予防で通う時代です

現在の歯科医療の考え方は、治療から予防へと変わってきています。小児歯科はむし歯の治療や予防はもちろん、歯みがき指導や食事指導など、子どもの体と心の成長にあわせてお口の健康をサポートしてくれる頼もしい存在です。

歯科健診(定期健診)

子どもの歯はむし歯になりやすく進行が早いのが特徴。歯科健診を定期的に受けることで、ママでは見つけられない初期のむし歯や噛みあわせの問題などを早期発見することができます。

健診のメリット

  • ママでは見つけられない初期のむし歯の早期発見
  • "フッ素"塗布やシーラントなどでむし歯の予防処置をしてくれる
  • むし歯を予防するためのアドバイス
  • 歯科医院に慣れることができる
  • 歯みがきや食生活の指導をしてくれる
  • 歯についての意識が芽生える

歯科医院にいくまえに…これだけは気をつけて!

治療で初めて歯科医院にいかないこと

初めての歯科医院がむし歯の治療では子どもに苦手意識がめばえます。1歳ごろになって6~8本の前歯が生えてきたら歯科健診へ行きましょう。ママがビクビクしすぎると子どもに伝わってしまうので、ママはリラックスしましょう。

子どもに恐怖心を与えないこと

大人でもそうですが、何をされるかわからないのはとても不安で怖いもの。歯科医院へ行く前には、わかる範囲で子どもに話しておきましょう。うそやごまかしは結果的に子どもを傷つけることになるのでやめましょう。

歯は削れば削るほど弱くなります

痛い治療の後には「もうむし歯にならないように気をつけよう」と誰もが思うはず。しかし、むし歯をくり返してしまう人が多いのも事実です。歯は、生活習慣や食生活の影響でむし歯になります。むし歯の原因を考えないと治療のくりかえしで歯に負担をかけてしまいます。一生使う大切な歯です。歯科医院と上手につき合って、子どものきれいな歯を守ってあげましょう。

1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください