生活習慣のコツ
2019/07/05

乳歯がむし歯になると…

1
クリップ

乳歯のむし歯、どうやって予防する?

「かわいい我が子の歯をむし歯から守りたい!」というママパパのために、乳歯をむし歯にしないための対策を紹介します。

乳歯のむし歯予防は、まずママや家族のむし歯予防からはじまります。子どものお口の中はとってもキレイ。もともとむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。
むし歯菌は唾液を介して子どもの口に感染するため、ママや家族のお口の中にむし歯菌がたくさんいると、口うつしや同じスプーンを使った時に子どもの口の中にむし歯菌が侵入してしまいます。

もし我が子がむし歯菌に感染していたら…と考えると食事のたびに心配になってしまいますよね?でも大丈夫!むし歯菌に感染したからといって、すぐにむし歯になるわけではありません。歯みがきと唾液が子どもの歯をむし歯から守ってくれるのです。食後はむし歯菌が活動しやすい状態になりますが、歯みがきでお口の中をきれいにすることで唾液が作用し、むし歯になるのを防いでくれます。

●歯みがき:むし歯の原因となる歯垢を落として、お口の中をきれいに。
●唾液:食べ物のカスを洗い流して、お口の中の酸を中和し正常な状態に。

食事の回数がむし歯の原因に?

唾液により口の中が中和されるのは食事を終えてからおおよそ1時間(歯みがきすればより早く中和されます)。しかし、食べたり飲んだりする回数が多いと唾液が活躍しきれずにお口の中は酸性に傾いてしまいます。「だらだら食い」をしているとむし歯になりやすいので、できるだけ食事と食事の間隔を開けるように意識しましょう。

生えたての乳歯は特に注意

むし歯菌への感染時期がはやければはやいほど、赤ちゃんのお口に菌が定着しやすくなります。生えたての乳歯のエナメル質の厚さは永久歯の1/2と薄く、とてももろい状態。むし歯になりやすいうえに、1本むし歯になると他の歯もむし歯になってしまう可能性があります。また、赤ちゃんは痛みを感じにくいため気づかないうちにむし歯が進行してしまうことも。
乳歯のむし歯が進行するとしっかり噛むことができず、あごの発育や発音、永久歯の歯列形成などにも影響がでてきます。そうならないために、まずママをはじめ家族のお口からむし歯菌を減らすこと、そして食後の歯みがきでお口の中をきれいに保つこと、「だらだら食べ」をしないことなど、乳歯が生えたばかりの時期は、特に慎重にむし歯対策をしてあげたいですね。

※乳歯は、唾液からカルシウムやリンなどのミネラルを補充しながら徐々に強くなっていきます。乳歯が成熟すればむし歯になるリスクはぐんと減り、その後のケアも楽になります。

1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください