生活習慣のコツ
2019/06/28

お口と歯の構造

2

お口の構造

お口や歯がどんなふうにできているか、考えたことはありますか?普段の生活では意識することのないその構造や組織について、改めてまとめてみました。

お口は、歯・舌・口唇・口蓋(こうがい)・頬などで構成され、食べ物を咀嚼したり、話をしたり、表情を作ったりするためにとても重要なところです。
下のイラストを見てみましょう。お口の入り口には上下の唇(口唇)があり、左右の側面にはほっぺ(頬)、底には舌があります。お口の天井は上顎(口蓋)で、口蓋の前方には硬い硬口蓋が、後方にはやわらかい軟口蓋があり、その後部中央には口蓋垂が垂れ下がって、奥の咽頭へとつながっています。
歯は、大人では28本(親知らずを入れると32本)が馬蹄形に並んでおり、これを歯列弓(しれつきゅう)といいます。
唇の左右の端は口角と呼ばれています。口唇の運動には、口唇の周りを取り囲んでいる口輪筋や顔の表情を作る表情筋が関わっています。

歯の構造と歯周組織

歯を鏡で見てみると下の①のイラストのように見えます。ここから歯ぐき(歯肉)を取り除いたのが②のイラストです。歯ぐきの下には歯槽骨(しそうこつ)があり、歯を支えているのがわかります。歯ぐきと歯槽骨を透明にしたイラストが③です。歯には意外に長い根があることがわかりますね。この歯ぐきに覆われている歯の部分を歯根部(しこんぶ)といい、歯ぐきから出て目に見えている部分を歯冠部(しかんぶ)といいます。また、歯根部の歯の表面を根面といいます。

次に、歯の構造を詳しく見ていきましょう。

歯はエナメル質、象牙質、セメント質という硬組織と歯髄から構成されています。

2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる