コラム
2019/07/19

20~30代女性に多い、顎関節症

3
361 views

顎関節症とは

顎関節症は顎の関節の病気で、原因はいくつかあり、症状も人によって異なります。

顎関節(顎の関節)とは、上顎の骨と下顎の骨の間の関節で、右図のように耳の穴の前にあります。この部分に指を当ててお口を開けたり閉めたりすると動くことが確認できると思います。

お口を閉じている時には、下顎の骨は上顎の骨の穴の中に納まっていますが、大きなお口を開けると、下顎の骨はその穴からはずれて前の方へと動くのです。

顎関節症になると、この顎の関節を中心にその周囲の筋肉などに異常を起こします。最近急増してきたといわれており、子どもから大人まで幅広く発生しますが、20歳代から30歳代の女性に多い傾向があります。症状の現れ方や程度、原因は人それぞれ違います。

顎関節症の症状

「顎が痛い」「顎が鳴る」「お口が開けづらい」というのが三大症状です。

1.顎が痛い
顎関節や顎関節周囲の筋肉、こめかみの痛みです。食べ物を噛んだり顎を動かした時に痛みます。

2.顎が鳴る(顎関節雑音)
顎を動かしたときに顎の関節で「ボキッ」「ゴキッ」「カクッ」「パキッ」という音がしたり、「パチパチ」「ザラザラ」「ギシギシ」といった音がします。症状が音だけで痛みが出るなどの症状がなければ問題ありませんが、頻繁に発生する場合には突然痛みが出たりお口が開かなくなったりすることもあるので、歯科医院に相談しましょう。

3.お口が開けづらい(開口障害)
正常な人は、自分の手の人差し指、中指、薬指の3本を縦にお口に入れられるくらいは開きます。指が2本程度、もしくはそれ以下しか入らないようですと、お口が開けづらくなっています。顎を動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常でお口が大きく開けられない場合とがあります。

代表的な上記の三大症状以外にも、頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こり、耳鳴り、めまい、手足のしびれなど、全身のさまざまな場所に症状が現れることがあります。

主な原因

顎関節症の原因はさまざまであり、また、個々の患者さんによってその組みあわせが異なっていると考えられています。

  • 異常な顎運動
  • 詰め物、かぶせ物の不適合
  • 咬合(咬みあわせ)の異常による異常刺激
  • 精神的ストレス
  • 咀嚼筋の異常緊張
  • 過度の開口
  • 片側だけで噛むなどの癖
  • 長期間にわたるブラキシズム(歯ぎしりや食いしばり)
続きを読む
3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる