コラム
2019/02/19

ついに登場!「ハウスダストを無力化する」という新発想ミスト

28
2043 views

どんなにお掃除しても、ハウスダストは残っています

大切な子どもや家族の健康のために、ハウスダスト(アレル物質)はできるだけ取り除きたいものですよね。そこで重要になるのが日々のお掃除。なかでもダニの温床となりがちなカーペットやソファー、寝具などは重点的にお掃除したい場所といえます。でも、ハウスダスト対策のガイドラインが推奨する室内のダニ除去方法を見てみると、

  • カーペットなどの掃除機がけは、1㎡あたり約20秒の時間をかけて週2回以上
  • 布団は週に2回以上干し、週に1回掃除機をかける
  • シーツや布団カバーは週に1回洗濯
など、すべてを実行するにはかなりハード。しかも、サンスターが実際にカーペットにハウスダストを散布して、ガイドラインどおりに丁寧な掃除機がけをくりかえし6回行った後にハウスダストの量を測定する実験をしたところ、なんと33%ものハウスダストが残留してしまっていたのです。

調査方法:
カーペットに擬似ハウスダストを散布し、その後ガイドラインに沿った掃除機がけ(吸引部をゆっくりと動かし、1㎡あたり約20秒かけて吸引する)を行い、ハウスダストの除去量を測定。

さらに、「ハウスダスト対策として掃除等を行っているが、すべてを取りきれているわけではない」と感じている人は84.1%も(サンスター調べ)。どんなに頑張っても思ったほどの効果が出なくて「私のせい?」「まだお掃除が足りない?」とストレスを抱えてしまったり、毎日続くお掃除に疲れきってしまったり…。そんな、気持ちにも悪影響を及ぼす「残留ハウスダスト」をなんとかしたい!そんな思いからサンスターが開発したのが、新製品の「アレリア シールドミスト」です。

ゼロにできないなら「無力化」しよう!

「どんなに頑張ってお掃除しても取りきれない残留ハウスダストがあるのだとしたら、それ自体を無力化してしまおう!」。そんな斬新な発想で研究を進めた結果、サンスターは、植物由来のガロタンニンという成分と、フェノール系高分子を最適な割合で配合し、ハウスダストに対して効果を発揮する処方を開発(図1)。残留ハウスダストを包み込んで、無力化することに成功しました。しかも、一度無力化されたハウスダストは元には戻りません(図2)。

【図1:無力化する2つの成分を処方】

【図2:無力化状態をキープ】

「アレリア シールドミスト」の使い方は簡単。お掃除のあと、カーペットやソファー、寝具、ぬいぐるみなどにスプレーするだけで、取りきれなかった残留ハウスダストを無力化してくれます。対応できるハウスダストは、ダニのフンやダニの死がいはもちろん、ペット系、花粉系など全部で11種類(図3)。 さらに、無力化にプラスしてハウスダスト凝縮成分がハウスダストを固めることにより、空気中への舞い上がりを防ぎます。すっきりとしたユーカリの香りで除菌・消臭効果もあり。つまり、いつも使っているお掃除後の除菌・消臭スプレーをこれに変えるだけで、ハウスダスト対策もできてしまうというわけです。

【図3:11種類ものハウスダストを無力化】

「家族のためにもっとハウスダスト対策をしたい」「残留ハウスダストが気になるけどどうしたらいいのか分からない」という人に、ぜひ使っていただきたい「アレリア シールドミスト」。うんざりしていたハウスダストとの闘いを、新発想のこのミストで気軽なケアに変えちゃいましょう。

ハウスダスト対策を、もっと簡単&シンプルにしませんか?
 

無力化+舞い上がり防止で、残留ハウスダストを抑制します。

続きを読む
73件の「いいね!」がありました。
73件の「いいね!」がありました。
28件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる