コラム
2019/11/30

アレルギーマーチを知っていますか?

1
203 views
このコラムの監修者▼
 

アレルギーマーチって何!?

「アレルギー」という言葉をよく耳にしますよね。私たちのカラダには、細菌・ウイルス・寄生虫・異物などから身を守るための「免疫」という仕組みがそなわっています。この免疫のはたらきが変調して、くしゃみ・発疹・呼吸困難などの症状を起こしてしまう状態を「アレルギー」といいます。原因や症状によって、「食物アレルギー」「アトピー性皮膚炎」「アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)」「アレルギー性結膜炎」「気管支喘息(ぜんそく)」など、色々あります。

最近、同じ人がアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎にかかっている、気管支喘息の人がアレルギー性鼻炎にも悩んでいる…。そんなケースを耳にしたことはありませんか?

これは、ひとつのアレルギー疾患をきっかけに、いろいろなアレルギー疾患に順番にかかっていく現象で、行進曲のように進行することから「アレルギーマーチ」と呼ばれています。

起点はアトピー性皮膚炎などの湿疹

近年の研究で、アレルギーマーチの起点はアトピー性皮膚炎などの湿疹が関係していることがわかってきました。続いて、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎などを発症する傾向がみられます。

アレルゲンは、皮膚から入るほうがアレルギーを引き起こす免疫反応を誘導しやすいことが知られています。皮膚のバリア機能が低下していると、アレルゲンが侵入してお肌の疾患が起こりやすくなり、その後、ほかのアレルゲンに対するアレルギー反応の誘導を助けると考えられています。

アレルギーマーチを防ぐには?

赤ちゃんがアレルギーを発症するかどうかや、発症するとしてもそれがいつになるかは誰にもわかりません。ですが、お父さんやお母さんにアレルギー症状がある場合は、赤ちゃんにもアレルギーのリスクがあるといえるので、予防策を実行したほうがよいでしょう。

アレルギーマーチの予防には、その起点となるアトピー性皮膚炎などの湿疹の予防が効果的です。そのためには、徹底的な保湿が有効であることがわかってきました。

バリア機能が未熟な新生児期からバリア機能を補うことが理想ですが、理想的なスキンケア剤の開発にはまだ時間がかかりそうです。それでも、皮膚科学会のガイドラインでは赤ちゃんへのスキンケアが保湿と肌のバリア機能の強化につながることにも触れています。赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、かゆみから湿疹にもなることも多いので、どの月齢でもスキンケアは大切です。すこやかなお肌を育むためにも、将来のさまざまなアレルギー疾患を予防するためにも、ぜひスキンケアをはじめましょう。


 
監修/西川伸一(にしかわ しんいち)
医師、医学博士
1948年滋賀県生まれ。1973年京都大学医学部卒業。1980年ドイツ・ケルン大学遺伝学研究所留学。帰国後、京都大学胸部疾患研究所にて助手、助教授を勤めた後、1987年より熊本大学医学部教授、1993年より京都大学大学院医学研究科、分子遺伝学教授を歴任。2013年よりNPO法人オール・アバウト・サイエンス・ジャパン代表理事に就任するとともに、2019年より一般財団法人サンスター財団会長に就任。
続きを読む
1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる