コラム
2019/11/30

ここがポイント!赤ちゃんのスキンケアのコツ

137 views
このコラムの監修者▼
 

沐浴・入浴後は必ず!

ローションや乳液などの保湿剤を塗るタイミングに特に決まりはありませんが、スキンケアを欠かしたくないのはお風呂あがりです。

入浴直後の肌は水分をたっぷり含んでいてうるおっています。でも実際には、角質層の表面をおおっていた皮脂が流れ落ちている状態。保湿をしないと、入浴前の肌より乾燥してしまうことがわかっています。お風呂からあがったらできるだけ早めに、1時間以内を目安に保湿しましょう。

1日2回以上の保湿が効果的

入浴後以外のタイミングでスキンケアを取り入れるのもおすすめです。保湿剤は1日1回塗るよりも1日2回塗るほうが効果的であることがわかっています。

たとえば、空気が乾燥する季節に外出から帰宅した後、外出後に汗を洗い流した後、おむつを取り替える時にカラダをふいた後、食事で汚れた口のまわりをふき取った後…。肌を洗ったりふいたりした後にこまめに保湿するとよいでしょう。

頭から足先まで全身にムラなく!

肌のトラブルは顔にもカラダにも現れる可能性があります、保湿剤は、頭から足の先まで、全身にムラなく塗ります。肌を強くこすらないように、そっと乗せるようにしてください。

保湿剤に記載の使用量を目安に、乾燥が気になるところには重ねづけを。時間が経ってから、カサカサを感じたらもう一度塗りましょう。

赤ちゃんがスキンケアをいやがる時は?

スキンケアを赤ちゃんがいやがる時は、赤ちゃんが好きな歌を口ずさみながら保湿剤を塗る、手にとった保湿剤を手のひらで人肌に温めてから塗るなどの工夫をしてみましょう。それでもいやがるようなら、使用感の違う保湿剤を試してみるとよいかもしれません。


 
監修/西川伸一(にしかわ しんいち)
医師、医学博士
1948年滋賀県生まれ。1973年京都大学医学部卒業。1980年ドイツ・ケルン大学遺伝学研究所留学。帰国後、京都大学胸部疾患研究所にて助手、助教授を勤めた後、1987年より熊本大学医学部教授、1993年より京都大学大学院医学研究科、分子遺伝学教授を歴任。2013年よりNPO法人オール・アバウト・サイエンス・ジャパン代表理事に就任するとともに、2019年より一般財団法人サンスター財団会長に就任。
続きを読む
0件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる