サンスターのこと
2018/02/01

歯周病予防の新シリーズ!ハグキの生体力に着目したガム歯周病プロケアシリーズ新登場

28
クリップ

新しいガムはハグキの「毛細血管」に着目。

今年1月、歯周病菌とたたかうガムから、さらに進化した新シリーズが登場しました。それが、ハグキの生体力に着目した「ガム歯周プロケアシリーズ」です。

毛細血管は細胞に栄養や酸素を運ぶ重要な器官ですが、ハグキにはこの毛細血管が無数に通っており、細菌の増殖を抑えるはたらきもサポートしています。ところが、加齢の影響でハグキの血流が滞ると、防御力が下がり、歯周病リスクが高まることがわかってきたのです。先進の歯周病医学に基づき研究をすすめているサンスターでは、この「ハグキの毛細血管」に着目。ハグキの血行を促進し、ハグキの内側から歯周病を予防することを考えました。

ハグキの内側から強くして歯周病を防ぐ3つのポイント

では実際、どのようにしてハグキの内側にはたらきかけるのか?その秘密をのぞいてみましょう。

1)ビタミンB6(※1)がハグキ細胞を活性化。
ハグキがおとろえた状態では、細胞表面のバリア層がもろくなり、菌に感染しやすくなります。ビタミンB6は代謝をサポートして、ハグキ細胞を活性化。健康なハグキをキープすることで、歯周病菌をブロックします。

2)ビタミンEn(※2)がハグキの抵抗力をアップ。
ビタミンEnが防御成分(ディフェンシン)の産生を促進することで、菌に対するハグキの抵抗力をアップします。

3)ビタミンEnが血行促進。
毛細血管の血行を促進し、ハグキに必要な酸素や栄養を届けやすくします。

さらに、歯周病菌を殺菌する殺菌剤CPC(※3)や、ハグキの腫れ・出血を抑える抗炎症剤β-GR(※4)なども配合。ハグキの強化と歯周病菌の殺菌というダブルのアプローチで歯周病予防を行います。

目的にあわせてアイテムいろいろ!

新シリーズは、アイテムの豊富さも魅力!ベーシックなペースト以外にも、お口のネバツキ・パサつきが気になる方におすすめの「うるおいタイプ」(湿潤材アボカドオイル配合)や、「知覚過敏ケアタイプ」(硝酸カリウム配合)も。

さらに歯科衛生士と共同開発したハブラシをはじめ、デンタルリンス、歯間ブラシなどもあり、「ガム歯周プロケアシリーズ」でトータルケアができます。「もっと歯周病予防に力を入れたい」「年齢とともにハグキが気になる」「ハグキのエイジングケア(※5)をしてみたい」という方、ぜひ一度、サンスターの最新歯周病ケアを試してみてくださいね。

※1 塩酸ピリドキシン
※2 ニコチン酸トコフェロール
※3 塩化セチルピリジニウム
※4 β-グリチルレチン酸
※5 年齢に応じたケアのこと

ハグキエイジングケアで、一歩進んだ歯周病予防を。
 

歯周病菌とたたかいつづけてきたサンスターG・U・M(ガム)のオーラルケア商品で、あなたに合った歯周病ケアをはじめましょう。

75件の「いいね!」がありました。
75件の「いいね!」がありました。
28件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください