生活習慣のコツ
2019/07/05

フッ素で子どもをむし歯から守る

7
クリップ

子どものむし歯とフッ素

むし歯は、放っておくとどんどん進行していきます。毎日正しい歯みがきを心がけることが大事ですが、それだけでは十分とは言えません。
では、どんなことに気をつけて子どものむし歯対策をしたらよいのでしょうか?

子どもの歯を健康に保つのはとても大変です。ブラッシングに加えてフッ素を上手に取り入れると効果的です。

ブクブクうがいができるようになった頃を目安に、おうちでもフッ素入りのジェルやハミガキを使ってむし歯予防を始めましょう。

むし歯は気づかないうちに進行していきます。
仕上げみがきの際、お子さんのお口の中をチェックしてみてください。

歯と歯ぐきの境目に白く濁った部分がありませんか?それが初期むし歯かもしれません。お口の中のpHが酸性に傾き、歯の内部からミネラルが溶け出している状態です。

そのまま放っておくと、お子さんの大切な歯に穴が空いてしまうかもしれませんよ?

初期むし歯やむし歯の進行を防ぐ大事なポイントのひとつが、お口の中のpHが下がった時はできるだけ早く回復させることです。

それには、歯みがきがもっとも効果的です。

正しいブラッシングで、歯のすき間に残った食べカスなどを取り除くことでお口のpHが改善し、さらに唾液による歯の修復作用が促進されます。

まだ歯みがきができない赤ちゃんの場合は、専用のシートや柔らかい布などで歯の表面を拭くことでも効果があります。

初期むし歯に効果的なフッ素

むし歯を進行させないために大切なのは、初期むし歯を素早く修復することです。そのために効果的なのがフッ素。
毎日の習慣として、フッ素ジェルやフッ素入りハミガキを使うことをおすすめします。

フッ素の効果

  • 再石灰化の促進…唾液中のカルシウムなどを取り込み、再石灰化を促進します。
  • 歯質の強化…フッ素を歯に取り込むことで、酸に溶けにくい丈夫な歯を育てます。
  • お口の中の細菌を抑制…むし歯の原因となる細菌の活性を抑え、酸産生を抑制してむし歯になりにくいお口の状態を保ちます。

フッ素は自然界に存在する成分で、海や土の中に含まれています。水道水にフッ素を混ぜるフロリデーションという方法でむし歯を予防している国もあります。
フッ素が多く含まれる食品には、魚介類・海藻類・お茶・紅茶などがあります。

フッ素の体への影響を心配する声がありますが、微量のフッ素は歯や骨が作られる時に体内に取り込まれますが、それ以外は尿や汗となって体から出ていきます。

医薬部外品の市販のジェルやハミガキはフッ素配合濃度の上限が決められているので、正しい使い方をしていれば心配はいりません。小さなお子さまが使用する製品には、低濃度のものもあります。

フッ素の効果的な活用法

フッ素ジェルやフッ素入りのハミガキは毎日使い続けることが大切です。

ブラッシングのあとは軽く口をすすぐ程度にし、洗い落としすぎないように注意しましょう。
フッ素が口の中に残ることで、効果的なむし歯予防ができます。

家庭用と歯科医院で塗るフッ素はどう違うの?

その違いは、ズバリ濃度です!歯科医院で扱うフッ素は医薬品(フッ化ナトリウム製剤)で、これには高濃度のフッ素が配合されています。
歯に直接塗布することで効果的なむし歯予防ができますので、半年に一度くらいの割合で歯科医院の定期健診を受け、先生と相談するとよいでしょう。

7件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください