生活習慣のコツ
2019/07/19

つわりもつらい…でもがんばって歯みがきを

2
クリップ

妊娠期の歯みがきなど

妊娠初期のつわりの時期、歯みがきは吐き気を感じて辛いものです。しかし、それを理由に歯みがきを怠ると、お口の中にどんどん食べカスが溜まって細菌が繁殖し、むし歯だけでなく歯肉炎や歯周炎になってしまいます。そこで妊娠中に上手に歯をみがくポイントについてご紹介します。

妊娠中の歯みがきのポイント

  1. つわりの軽い時間帯に行う。
  2. 頭を上向きにせずに、顔を下に向けてうつむいた姿勢で歯みがきをする。
  3. ハブラシを口の奥まで入れずに、奥歯に密着させてから手前にかき出すようにブラッシングする。

妊娠中の歯みがきの方法

  1. ハブラシのヘッド近くでペンを握るようにして持つ。
  2. 歯と歯ぐきの境目にハブラシのヘッドを密着させる。
  3. ハブラシが浮かないように押さえながら、ハブラシを左右に小刻みに動かす。

役立つグッズ類

母親になったら、毎日の歯みがきを生まれてくる赤ちゃんにしっかりと教えなければなりません。そのために少しでも歯みがきが楽しく感じるグッズをそろえて、母親になる自覚を持ちながらしっかりとケアしましょう。

歯磨剤
歯磨剤の味やにおいがつわりの原因になることもよくありますので、妊娠中はなるべく刺激の少ないものに変えましょう。子ども用の歯磨剤なども試してみるといいでしょう。どうしても歯磨剤が気になるようでしたら水だけでも構わないので、なるべく食後に歯みがきをするように心がけましょう。

ハブラシ
ハブラシはヘッドが小さく、大きく口を開かなくても隅々までブラッシングできるものにしましょう。また妊婦さんは歯ぐきから出血しやすいので、ブラシはやわらかめのものを選びましょう。

歯間クリーナー(デンタルフロス・歯間ブラシ)
デンタルフロスや歯間ブラシといった補助的清掃器具を用いることで、より効果的にプラーク(歯垢)除去が行えます。必要に応じて使用しましょう。

洗口液
「どうしてもブラッシングが無理」「ハブラシを口に入れただけで吐き気がする」などの時には無理をせず、洗口液やうがい薬、水などで、せめて食後に口をすすぎましょう。

シュガーレスガム
妊娠中は唾液の産生量も減り、口臭やむし歯の原因にもなるので、シュガーレスガムなどを噛んで唾液の産生を促進して、お口を清潔に保ちましょう。

食生活
つわりで3食きちんと食べられなくなったり、逆に食欲が出てダラダラと食べ続けていると、お口の中に食べカスがたまって、細菌が繁殖しやすくなります。規則正しい食生活を心がけて、食後の歯みがきをしっかり行いましょう。

2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください