生活習慣のコツ
2019/07/19

気をつけて。親子のむし歯菌感染

1
クリップ

むし歯菌の母子感染

むし歯の原因菌であるむし歯菌は、人間のお口の中に多かれ少なかれ必ず存在します。しかし、生まれたての赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌は存在しません。ではむし歯菌はいったいどこからやってくるのでしょうか?
実は、むし歯菌は赤ちゃんの周囲にいる人たちのお口の中からやってくるのです。むし歯菌は、母親などの主な保育者からうつることがわかっています。

むし歯菌が感染しやすい時期

むし歯菌の感染には“感染の窓”と呼ばれる特に危ない時期があります。
むし歯菌が感染する時期が遅ければ遅いほど、その後のむし歯の本数が少ないというデータがあります。
この危ない“感染の窓”の時期を乗り越えて、むし歯になりにくいお口を作るためには、早くから周りの人たちのお口を清潔にしておくことが大切です。

感染を予防するには

むし歯菌は唾液を介して感染します。つまり、口移しで食べ物を与えたり、スプーンを共用したり、可愛い我が子にチューをすることでも、お母さんのお口の中のむし歯菌が赤ちゃんのお口に侵入し、棲みついてしまうのです。
しかし、子どもとのスキンシップは大切なことですから、むし歯菌の感染を恐れるあまりスキンシップをすべて絶つよりも、お母さんやお父さんのお口の中を常に清潔な状態にしておくことの方が大切です。治療しないで放ってあるむし歯はありませんか? 治療していないむし歯がお口の中にあると、お口の中はむし歯菌がたくさんいる状態なので、感染リスクが大変高くなってしまいます。
感染に対して神経質になり過ぎるのではなく、子どもの周囲の人たちが自分のお口のケアをしっかりと行うことが大切です。保護者の方が自分のお口の健康を大切にすることが、子どものお口の健康を保つことにつながるのです。

感染を防ぐためにできること

  • 妊娠中から、家族そろって歯科医院で定期健診を受ける。
  • 子どもの周囲の人に未治療のむし歯がある場合はきちんと治療する。
  • 子どもの周囲の人がお口を清潔に保つ。
1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください