生活習慣のコツ
2016/12/26

まるでお肉?ダイエットの強い味方、手作り「凍り豆腐」レシピ。

55
クリップ

冬はみんな太りがち…に甘えずいち早く対策を!

「もしや私、太った?」ということ、冬に多くありませんか?年末年始の暴飲暴食、寒くてつい運動不足、重ね着で体型変化を見て見ぬふりをしがち…と「自分甘やかし系」の理由もありますが、冬ならではの体内の変化も原因のひとつ。冷えによる血行不良で内臓機能が低下して、うまく食べたものを消化できなかったり、寒さに備えて脂肪を蓄える体質だったりという場合もあるようです。

でも「このままでいいや」という人はあまりいないはず。だったら今日から「手作り凍り豆腐」を毎日の料理に取り入れてみませんか?

ダイエット中の人にも。高栄養価で低カロリーな「凍り豆腐」。

凍り豆腐とは、豆腐を凍らせた後、乾燥させて作る保存食品。高野山の精進料理としてはじまったという説から、「高野豆腐」とも呼ばれています。また、地域によっては「凍み豆腐」と呼ぶことも。

この凍り豆腐がダイエットや食事制限に向いているといわれる理由はふたつ。

  1. 低カロリーなのに、調理の仕方によって、食感がまるでお肉みたいになり、お肉の代わりに色んなレシピに活用できます。
  2. 乾燥させることで豆腐の栄養分が凝縮され、特にたんぱく質、カルシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルやビタミンがたっぷり含まれています。

低カロリーで栄養も豊富、食感もお肉に近づけられるという、優等生の食材なんです。

こんなに簡単!手作り凍り豆腐を常備食材に。

凍り豆腐は簡単で冷凍保存ができて、思いたったらすぐ使える手作りがおすすめ。作り方も簡単です。
木綿豆腐を厚さ1cm程度に切ってラップで包み、冷凍庫でひと晩凍らせます。急ぐ場合は、切った豆腐をアルミバットに並べて冷凍庫に入れ3~4時間でもOK。調理する時は常温で自然解凍をしたら、しぼって水分を取り除くだけ。電子レンジで1枚あたり約1分を目安に解凍することもできます。あとは焼く、炒めるなどアイデア次第で自由自在。「試してみて」のレシピを参考に、いろんな料理に挑戦してみてくださいね。

 

試してみて!

おすすめはこちら!このほかにも手作り凍り豆腐のレシピは色々。ぜひ挑戦してみて。

◎ダイエット中もガッツリ派は「道場唐揚げ

◎ひき肉みたいな食感の「麻婆茄子

◎肉じゃないの気づかない?「ベジタブル玄米ドライカレー

毎日の健康的な食生活に「凍り豆腐」料理をとりいれませんか?
 

実りある豊かな人生のために、食事・身体・心のバランスを取り戻す健康法をお届けします。

122件の「いいね!」がありました。
122件の「いいね!」がありました。
55件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください