生活習慣のコツ
2018/09/18

メリットいっぱい!話題の「秋の大掃除」のススメ

48
クリップ

知っていますか?話題の「秋の大掃除」

大掃除といえば年末の恒例行事…と思いきや、最近の生活情報誌や家事本では「大掃除は秋」というのが話題になっていること、皆さんはご存知ですか?最初は「?」と思うかもしれませんが、実はこれがとても効率的かつ論理的!今回は「なぜ大掃除は秋がいいのか」の理由を、ポイントをまとめてご紹介します。これを読んだら、あなたも今年から秋派に変わるかもしれませんよ。

4つの理由を知れば、あなたも秋派に?

1)気候がいいので掃除がラク
冬の大掃除を思い出してみてください。水が冷たくて辛かったり、換気をすると部屋が冷え切ったり、外に出ての網戸や窓の掃除は寒くてダウンを着なければならなかったり…という経験ありますよね。これが暑くも寒くもない秋なら快適&身軽にできてしまうのです。

2)油汚れが取りやすい
換気扇やコンロなど、キッチンの油汚れとの格闘は大掃除の大きな山場。寒い冬は油が固まって落としにくい状態ですが、まだ暖かい日もある秋なら、油が緩んでいて効率よく落とせます。少しはストレスが減らせそう!年末は軽く汚れを落とすだけで気持ちよく年越しを。

3)水跡が残りにくい
水を使う窓掃除などは「夏の方が気持ちよく、楽しくできそう」と思いがちですが、夏は窓についた水がすぐに乾いてしまい、跡になって残りやすいのです。きれいに仕上げるという点で、窓まわりも秋がおすすめです。

4)ダニダストやカビを一掃するベストタイミング
実は梅雨から8月にかけてはダニやカビがもっとも繁殖する時期。そしてダニのフンや死がい=ダニダストは、ダニの寿命が約3ヶ月であることから、理論上繁殖時期のピークから3ヶ月遅れた9月から10月に、量が多くなると考えられます。だからこそ、ダニダストのピーク直後の秋は大掃除に最適!ダニの温床になる寝具はここで一度きれいにしておきましょう。さらに、寝具やソファなどを掃除したあとには、 ダニよけ効果のあるミストなどで毎日ケアしておくと、掃除後の清潔さをキープできるのでおすすめです。


イメージ図

いかがでしたか?大掃除は一気に済まそうとすると重労働。これからの季節、気分よくお掃除できそうな天気のよい日に、少しずつ進めておくのもいいですね。そして今年の年末はぜひ、家族みんなでゆったりとお過ごしください!

大掃除のあとはミスト習慣で寝具の清潔をキープ。
 

ピュアイズムではじめよう!清潔新習慣。寝具ケア用、お部屋ケア用があります。

71件の「いいね!」がありました。
71件の「いいね!」がありました。
48件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください