生活習慣のコツ
2017/05/15

2種の紫外線にご用心!外出しない日も日焼け止めが必要なわけ

25
クリップ

「なんとなく紫外線対策」はそろそろ卒業

本格的な紫外線シーズン到来!「日焼けしたくない」「シミはイヤ!」と日焼け止めを手にしたあなた。パッケージに書いてあるSPF値やPA値の意味、知っていますか?室内でも日焼け止めが必要って本当?あらためて聞かれると、口ごもってしまう人も多いかも…。そこで今回は紫外線の基礎知識を総まとめ。今年の紫外線対策は、まずは知ることからはじめましょう!

2種ある紫外線は若々しさの大敵でもあった!

紫外線というと真っ先に思い浮かぶのは日焼けやシミ。でも実は、肌へのダメージはそれだけではないんです。日焼けやシミの原因になるのは紫外線B波(UVB)。光の波長が短く肌表面(表皮)に作用し、日焼けやシミを作ります。
対して波長の長い紫外線A波(UVA)は、じわじわと肌の奥(真皮)に到達します。ハリや弾力のもととなるコラーゲンなどにダメージを与え、シワやたるみの原因に。つまり紫外線は、白い肌だけでなく肌の若々しさにとっても大敵だったのです。

欲しかった!を実現。美白(※)ケアできる日焼け止め

そこで必要なのが日焼け止めです。SPF値はB波から肌を守る効果を、PA値はA波から肌を守る効果を示しています。まずはこの数値をチェックして、目的にあったものを選びましょう。
せっかく使うなら、SPF35、PA++で日常生活の紫外線をしっかりカットしつつ1品で3役をこなす、サンスターのエクイタンス ホワイトロジー ブライト UVプロテクションを試してみませんか?

実はこの日焼け止め乳液、紫外線カットと美白(※)ケア(ビタミンC誘導体配合)が同時にできて、しかも化粧下地にもなる、女性たちの「あったらいいな」を叶えるアイテム。「守る」「攻める」「魅せる」がこれひとつでできてしまいます。

曇りの日や日差しの弱い朝も降り注いでいる紫外線。A波はガラスも通すので、室内でも油断大敵です。そんな「休みなし」の紫外線対策だからこそ、続けることが大切!うれしい機能がつまったこの日焼け止め乳液なら、「うっかり日焼け」も「気になるシミ」も気にせず過ごせそうですね。

※メラニンの生成を抑制し、シミ、そばかすを防ぐこと

試してみて!

より完璧を目指すならこんなことも。
◎効果を保つためにはこまめな塗りなおしを。
◎顔だけでなく首やデコルテ、耳なども忘れずに。
◎外出する時は日傘や帽子などをプラスするとより効果的。

白さのためにできること、まだまだあります。
 

エクイタンスは身体の内と外、双方からのアプローチで、心身から香り立つような、ゆるぎない美しさを届けます。

56人のメンバーがいいね!と言ってます
56件の「いいね!」がありました。
25件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください