コラム
2017/06/06

知っていますか?シミにはいろんな種類があるんです

44
12797 views

シミにだって個性あり!対策もいろいろ

見つけると、ついつい気になる肌のシミ。実はあなたのシミとお友達のシミとでは、種類もできる理由も違う場合があるんです。その対策が違うことだって…。まずは、シミの種類を知ることから始めましょう。

まずは代表的な4種類を知りましょう

【1】日光性黒子〔老人性色素斑〕(にっこうせいこくし〔ろうじんせいしきそはん〕)
紫外線の刺激によるメラニンの過剰生成が主な原因のため、顔や手など日光が当たる部位にできやすい淡褐色~黒褐色のシミ。平らで境界がはっきりしています。早い人は20代から出はじめ、年齢とともに濃くなったり増えたりすることも。シミの中でもっとも多いタイプです。

【2】肝斑(かんぱん)
頬、額、口のまわりなどに左右対象に現れるシミ。原因は紫外線、ストレス、ホルモンのアンバランス、妊娠、肌のこすり過ぎなどの刺激によるメラニンの過剰生成です。紫外線の影響で夏は濃く、冬は薄くなることも。

【3】雀卵斑(ソバカス)
鼻のまわりや頬に広がる小さなシミ。遺伝要素が強く、子どもの頃から出はじめます。紫外線の影響で夏に濃くなる場合も。

【4】炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
ニキビや傷などの肌の炎症のあとにできるシミ。年齢や性別に関係なく現れます。

できる前のケア、増やさないケアが大切

シミの種類がわかったところで、気になるケア方法のお話を。
メラニンの過剰生成が原因のシミなら、美白(※)化粧品で「これ以上増やさない」、「濃くさせない」ケアが可能です。
それ以外の原因によるシミは発生の仕組みが違うので、自分ではケアできないことも。気になる人は皮膚科や専門医に相談しましょう。

シミ対策は何より「作らない」ことが大切。今はまだ気にならなくても、肌の中にはシミのもとのメラニンが潜んでいるかもしれません。ここは先手必勝!すぐにケアをはじめてシミのない透明感のある肌をキープしてくださいね。

※メラニンの生成を抑制しシミ・そばかすを防ぐこと

シミを「作らない」「濃くしない」ケア、はじめましょう
 

エクイタンスは身体の内と外、双方からのアプローチで、心身から香り立つような、ゆるぎない美しさを届けます。

続きを読む
109件の「いいね!」がありました。
109件の「いいね!」がありました。
44件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる