コラム
2021/01/15

冬の肌にはスペシャルケアを。乾燥からしっかり守ろう

20
1546 views

空気の乾燥や湿度の低下に加え、暖房による乾燥もあり、肌が乾燥しやすい冬。乾燥が肌に与えるリスクと、効果的に肌のうるおいを守るための方法を専門家に聞きました。

取材先プロフィール

 
三宅真紀(みやけ まき)
表参道美容皮膚科 原宿本院 副院長。日本抗加齢医学会専門医。丁寧できめ細やかなカウンセリングとレーザー治療の高い技術に定評がある。美容やスキンケア全般に豊富な知識をもち、テレビや雑誌などにも多数出演。
https://omotesando.info/

冬の肌が乾燥するのはなぜ?

冬になると肌が乾燥してかさついたり、メイクがのらなくなってしまいがち。なぜこの季節、乾燥が起きるのでしょうか。

「まず、湿度が低くなるということ。角質層の水分が蒸発し、肌の乾燥が進みます」

上のグラフを見てもわかる通り、特に1~2月は湿度が低くなっています。

「室内では暖房を使うことで湿度が低下し、乾燥します。また、室内外の温度差も肌の乾燥の原因のひとつ。大気は温度が低いほど水蒸気をため込むことができず、湿度が下がり乾燥します。室内外の温度差がある場合、寒い室外は湿度が低く乾燥しているので、室内から室外へ移動すると肌の水分が蒸発することが考えられます

さらに、寒いと血流が悪くなることで、お肌に必要な水分が行きわたらなくなり、肌が乾燥する原因になるそう。冬の環境には肌を乾燥させる原因が揃っているのです。

肌の乾燥は老化やバリア機能低下の原因に

乾燥した肌を放っておくと、肌ダメージが蓄積して老化に繋がる、という三宅先生。

乾燥による肌のターンオーバーが悪くなることで、くすみやざらつきがひどくなります。ターンオーバーの乱れが長く続くと、シミになってしまうことも。また、肌の水分量が少なくなることでハリが低下し、皮膚の薄い目もとや口もとに細かい小ジワができます。この時点では表皮までのシワですが、そのまま放っておくと、しっかり真皮まで刻まれたシワになってしまう危険性があります」

さらに乾燥はニキビや敏感肌にも影響大。

「肌の水分量が少ないと、皮脂の分泌が増えます。すると皮脂を食べるアクネ菌などの雑菌が増えて、ニキビや皮脂かぶれの原因になります。また、乾燥によりバリア機能が低下すると、ほこりやダニ、花粉などの異物が通過しやすくなるため、肌は敏感になり、かゆみ、赤み、湿疹、アレルギーなどの原因になるのです


乾燥した肌はバリア機能が低下し、外からの異物が入り込みやすい状態に。アレルゲンが侵入しやすく、刺激も受けやすい。

冬に肌を乾燥させない5つのコツ

うっかり肌を乾燥させてしまわないために、冬のスキンケアで気をつけるべきことはなんでしょうか。

「とにかくたっぷり、こまめに保湿をすること。気をつけるべきポイントは5つあります」

①「夏の2倍」を意識して保湿

保湿効果の高いスキンケア製品を選び、「夏の2倍」保湿するような気持ちでしっかり肌をうるおわせましょう。保湿のタイミングはお風呂上がりや洗顔後すぐです。

特に化粧水をたっぷり肌に浸透させて、美容液などが浸透しやすくなる土台を作るのが大切。化粧水は2~3回に分けて、1分ほど時間を開け、浸透させながらつけていくと良いでしょう。手に肌がくっつく感じになったら、しっかり保湿されたサインです。その後、美容液や乳液を使うとしっかり肌に入ります。

スキンケアの最後には、クリームやワセリンでフタをすると、水分の蒸発を防げます。

②目もとと口もとはスペシャルケアを

スペシャルケアをすべきは、目もとと口もと。目もとの皮膚は頬の3分の1程度の薄さで皮脂腺も少なく、水分をため込むのが苦手。バリア機能も弱く、かゆみや赤みも出やすいところです。

唇は皮膚が薄く皮脂腺がないため、シワっぽくなったり乾燥したりしやすい場所。年齢とともに唇や周りの皮膚も薄くなることでシワっぽくなってしまいます。

特に夜寝る前は、専用アイテム(アイクリームやアイパック、リップクリーム)などでしっかりうるおいを補いましょう。

③冬も毎日必ず日焼け止めを使って

冬の紫外線量は夏と比べると少ないですが、シワの原因となるUVAも、シミの原因となるUVBも降り注いでいます。紫外線はターンオーバーの乱れや乾燥の原因にもなります。天気に関わらず、日焼け止めなどで紫外線対策をしましょう。

④寝室の湿度を保とう

冬は湿度が低いので、特に寝ている間はどんどんお肌から水分が蒸発してしまいます。加湿器や、濡れたタオルを干すなどの工夫を。

⑤週1回は角質ケアをしよう

乾燥するとターンオーバーが乱れ角質が厚くなるので、ピーリング石鹸などの角質ケアも有効です。角質ケアの後はいつもよりもさらに保湿をしっかりしましょう。

乾燥ケアにぴったりのエクイタンスの新アイテム


左からエクイタンス モイストパワーエッセンス<高保湿美容液>、エクイタンス スペシャルインクリーム<濃密活力クリーム>

乾燥が気になる季節におすすめの商品をご紹介します。11月2日に新発売&リニューアル新発売されたエクイタンスのエイジングケア美容液とクリームは、まさに年齢とともに変化する肌の保湿ケアにぴったりのアイテムです。

エイジングケア美容液の「エクイタンス モイストパワーエッセンス」は、サンスター独自のうるおい成分「モイスチャーリンク(※1)」をシリーズ最大濃度で配合した高保湿美容液。肌が自らうるおう力(※2)をサポートし角層をうるおいで満たし、ふっくらハリ肌へと導きます。
エイジングケアクリームの「エクイタンス スペシャルインクリーム」は、独自のうるおい成分「モイスチャーリンク」をはじめとした、厳選した14種類の高保湿成分が入ったクリーム。引き上げ塗りをすることで、うるおって弾む上向き肌に整えます。

※1 「魚コラーゲン/糖タンパク」、BG
※2 角質のバリア機能のこと

2020年12月17日公開、2021年1月15日更新

取材・記事 古屋美枝
撮影(商品) 石原敦志

年齢とともに変化する肌に
 

身体の内と外、双方からのアプローチで、あなた本来の力を引き出し、美しさの礎を築きます。

◎モイストパワーエッセンス

 

◎スペシャルインクリーム

20件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる