コラム
2015/10/01

歯周病は糖尿病の合併症

1
706 views

歯周病は糖尿病の合併症

歯周病が、糖尿病の合併症の一つであることはご存知ですか。 血糖値が高い状態が長く続くと、歯周組織の血管が弱くなり、歯周病になりやすくなります。 歯周病が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)が徐々に溶けてやがて歯が抜けてしまいます。 歯を失うと、食物繊維が豊富な野菜や穀物が食べにくくなってしまい、食事のバランスが乱れやすくなってしまいます。

食事のバランスが悪くなると、血糖値にも影響し、糖尿病が悪化することにつながりかねません。

このように、糖尿病と歯周病はお互い影響しあう病気なので、糖尿病の方は歯周病にならないようにお口のケアをしっかりしていただくように心がけてください。

※糖尿病と歯周病の関係についての動画はこちら

※このコラムは、「糖尿病とうまくつきあう」サイトに掲載されたものです。
続きを読む
3件の「いいね!」がありました。
3件の「いいね!」がありました。
この記事のタグ
  • #糖尿病のこと
  • 1件のコメントがあります。
    並び替え
    コメントするにはログインしてください
    投稿の報告
    「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
    該当する理由を選択してください。
    キャンセル  
    投稿の報告
    通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
    閉じる
    ご協力ありがとうございました
    ※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
    注意事項
    ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
    ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
    ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
    閉じる