コラム
2019/05/31

がん治療中、お口をよく観察しましょう(違和の早期発見)

65 views

がん治療とお口のトラブルには密接な関係があります。口腔ケアと全身の健康に関する研究を続けてきたサンスターは、がん治療における口腔ケアの重要性に着目し、医療関係者や患者さんの意見をくみあげた、口腔ケアの研究開発や情報発信に取り組んでいます。 がんとたたかう方のお役に少しでも立てるよう、お口の悩みを軽減するための口腔ケア関連の情報を提供しております。

監修/藤井香那(ふじい かな)
サンスター株式会社 静岡研究所 歯科衛生士。がん患者さん・医療従事者向けのセミナーや、お口のケア用品の開発に取り組んでいる。

みなさんのお口の中は、何本の歯が生えていますか?永久歯が完全に残っている人の歯の本数は28本、親知らずを入れると32本です。鏡で確認してみましょう。歯の本数だけでなく、舌や頬の内側、歯ぐきの色や様子はいかがでしょうか?
お肌の調子を確認するときに鏡で顔色や肌の様子を観察するのと同様に、お口の中の状態を知るためにも観察が重要です。特に抗がん剤治療や頭頚部の放射線治療開始後は、口内炎(口腔粘膜炎)の症状が出る可能性があるのでお口の中の状態を毎日観察することをおすすめします。

観察のポイント

お口の観察は、お口の中の清潔を保つことや潤いを保つこと同様に重要なセルフケアです。観察のポイントは次のとおりです。

  • 赤くなってヒリヒリしている場所はないか
    →口内炎(口腔内膜炎)の初期症状かもしれません。
  • 口内炎(口腔内膜炎)のできている場所や大きさ、痛み、歯ぐきからの出血はないか
  • 口臭や味覚は変化していないか
  • 舌の表面の汚れ(白い、または黒い苔のようなもの)が過剰についていないか

症状がない段階からの観察を

お口の中は毎日多少の変化がありますが、同じ症状が何日も続くようであれば、治療による影響が高いです。痛みなどで症状を自覚してから観察を始めるのではなく、お口の中に症状がない早い段階からお口の中の状態を知っておくことで、治療による変化に気が付きやすくなります。気になる変化を見つけたら、些細なことでも歯科医師、歯科衛生士または主治医、看護師に相談しましょう。

お口のケア(保湿・低刺激)に、バトラーお口のケアシリーズ
 

プロフェッショナルの視点から開発され、弱ったお口の中にやさしい低刺激タイプや、乾いたお口を保湿するタイプなど、お口のケアに適した商品ラインアップを取り揃えました。

続きを読む
1件の「いいね!」がありました。
1件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる