コラム
2020/04/16

食文化研究家に聞いた、ビフィズス発酵人参の魅力とは?

22
1489 views

今冬に採りたての有機人参を、ビフィズス菌発酵させたジュース「ビフィズス発酵有機人参」。10年以上かけて有機の土作りに取り組み、育てた畑で穫れた人参「黒田五寸」を100%使い、ビフィズス菌で野菜本来の味を引き出したのが特長です。

今回は 長寿食・健康食の研究を通し、美味しく健やかな食を追求する「食文化研究家」のスギアカツキさんに試飲していただき、このジュースを使ったレシピを考案していただきました。

取材先プロフィール

 
スギアカツキ
東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学・栄養学・発酵学・微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。現在は「食文化研究家」として、TV・ラジオ・雑誌・ウェブなどの多方面で活躍中。いつものパスタでおいしくダイエットができる『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が好評発売中。世界中どこでも楽しくおいしく和食が作れるレシピ本『Healthy Japanese Home Cooking(英語版)』 は海外でも人気。

スギアカツキさん、このジュースいかがですか?

まずはスギさんに「ビフィズス発酵有機人参」ジュースを飲んでもらいました。

「最初に常温で飲んでみたんです。人参の旨味が活きていて、本当に美味しい、というのが第一印象。野菜の旨味がジュースでこんなに味わえることって、なかなかないんですよね。よく、スムージーを作る時にまろやかにするためにヨーグルトや乳酸菌ドリンクを入れますが、これは何も入っていないのに、発酵させているからとてもマイルド。しかも甘味と酸味があって、さらに味わい深い。特別なジュース、という感じがするし、何より美容にいいものを飲んでいるという意識が持てるのが素晴らしいと思います」

ビューティー炊き込みご飯を作ってもらいました!

このジュースを使って、何かお料理を作ってください、とお願いしたところ、スギさんが考えてくれたのが、「シンガポールチキンライス風 ビューティー炊き込みご飯」。人参の甘みとほど良い酸味が活きたさわやかな味のライスが、旨味たっぷりのチキンとマッチ。クセがないので、人参が苦手な人も美味しく食べられるはずです。

「発酵食品ならではの酸味があるのがこのジュースの魅力の一つなので、この酸味を活かしたレシピにしたいと思ったんです。美味しい料理の共通点は、味の奥行きで、その奥行きを出すには酸味は不可欠なんです

とスギさん。

また、老若男女、誰もが好きなご飯もので、手軽にたんぱく質を摂れるというのもレシピ作りでこだわった点。

「美肌やダイエットの面から考えても、たんぱく質をしっかり摂るというのは外せないところ。さらに、できる限り簡単なほうが良いので、炊飯器一つでできるレシピにしました。今回のレシピでは鶏もも肉を使いましたが、代わりに豚肉やベーコン、ソーセージなどを使ってもOK。肉が苦手であれば、お魚の西京焼きや、塩こうじ漬けなどでも代用できます。味付けは、エスニックっぽくしたかったらナンプラーを入れてもいいし、オイスターソースも合います。あっさり仕上げたかったら、白だしを使うのもおすすめ。好みの味にアレンジしてみてください」

【レシピ】シンガポールチキンライス風 ビューティー炊き込みご飯

▼材料(3~4人分)
米 2合
鶏もも肉 1枚
ビフィズス発酵有機人参(ジュース1本160g) 2本
しょうゆ 大さじ2
料理酒 大さじ2
塩、こしょう 適宜
付け合せ野菜 お好みのもの
ゆで卵 1個

▼作り方
①鶏もも肉にフォークで穴を作り、味が染み込みやすいようにする。塩とこしょうを両面にしっかり振り、ビニール袋に入れてよくもみ、下味をつけておく。
②米を研ぎ(無洗米の場合は不要)、炊飯器の窯に入れて、ビフィズス発酵有機人参ジュース2本、しょうゆ、料理酒を入れる。2合分の線になるまで水を少々加える。最後に鶏もも肉を乗せて蓋を締めて、普通コースで炊く。
③炊きあがったら、鶏肉を取り出してスライスする。ごはんはかき混ぜる。

器にごはんを盛り、スライスした鶏肉、付け合せの野菜やゆで卵を飾る。

鶏肉を細切りにし、ご飯を型に入れるなどすると、お子さまランチ風になって、子どもも喜んで食べてくれるはず。

スギさん流、生活習慣をみがく食生活とは?

無理なくきれいでいるための食生活のコツをスギさんに聞いてみると、

きれいでいるにはメンタルを健康に保つことがいちばんなので、まずは自分を認めてあげることです。ご機嫌を保てば、きれいでいられるはず

とのこと。そのためには、「なんでもやってみよう」という好奇心が大切。

「たとえば、この人参ジュースが美容にいいと聞いたら飲んでみたり、レシピを作ってみるなど、実行してみることが大事です。そうやって新しいことを続けているうちに、気づいたら健康できれいになっている、というのが理想的ですね」

取材・記事 古屋美枝
撮影 石原敦志

有機人参のコクと旨味をぎゅっと凝縮
 

実りある豊かな人生のために、食事・身体・心のバランスを取り戻す健康法をお届けします。

続きを読む
22件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる