コラム
2021/02/17

卒業式のヘアアレンジ。ヘアスプレイでお父さんをもっと爽やかに&かっこよく!

5
738 views

卒業式のシーズンですね。映像や写真でもずっと残る思い出の日、主役はもちろんお子さんですが、お父さんがかっこよければ主役はもっと引き立ちます。

その決め手のひとつがヘアスタイル。「VO5 スーパーキープ ヘアスプレイ」を使えば、簡単に爽やかでかっこいいヘアアレンジができるんです。そこで、卒業式のヘアスタイルに悩むふたりのお父さんにご協力いただき、卒業式らしい清潔感、フォーマル感は守りつつ、トレンドも意識したおすすめのスタイル例と、ヘアスプレイを使う際のテクニックを教えていただきました。

監修者プロフィール

 
平田克也(ひらた かつや)
ヘアデザイナー。ヘアサロン「TSUKI」オーナー。東京・中目黒のサロンで男女さまざまな年代、職種、毛質のヘアをケアしている。

体験者プロフィール

 
Aさん
30代後半。イベント企画会社勤務。小学生の女の子ふたりのお父さん。
 
Mさん
40代前半。貿易会社勤務。小学生の男の子と生まれたばかりの女の子のお父さん。

ミディアムヘアの「爽やかエアリー」アレンジ

前髪が長く、全体的に毛量の多いミディアムヘアのAさん。前髪が重く見えがちなので、ここをいかに爽やかに見せるかが重要です。

そこでトップ(頭頂部のヘア)を持ち上げ、全体に空気が通って見えるような「エアリー」アレンジにチャレンジ。前髪も軽やかに遊びをつけて、爽やかな若手イケメン俳優風に仕上げます!

Before

普段のスタイルだと前髪が重く見えがち。ワックスやジェルを使うと余計に重く見えてしまいますし、垂れてきた時に気になってしまいます。

After

トップを立体的に、全体にエアリーに。前髪に遊びをつけて軽やかに仕上げました。

ヘアスプレイ使用のポイントは、「根元立ち上げ&キープ」。

  1. まずドライヤーで全体的に根元を起こします。
  2. ごく軽くヘアワックスをつけ、全体に束感を作ります。
  3. ここでヘアスプレイ。ぺたっと下がりがちな前髪の根元を狙いましょう。
    さらにトップを握って軽く持ち上げた裏を狙ってボリュームを出します。
  4. 最後に全体に軽く、髪の間を狙うようにスプレイ。


エアリーにするためには表側ではなく裏側、根元を狙って。といっても長時間、固めるのではなく前髪の根元、トップの根元、それぞれ1秒を2プッシュで十分。


普段はメガネをかけることが多いというAさん。メガネスタイルもエアリーなヘアスタイルで軽やかに決まります。

ミディアムヘアの「スッキリインテリジェント」アレンジ

同じAさんの、今度はよりインテリジェンスあふれる雰囲気にしたアレンジです。おでこを思い切って出すことで、がらりと印象が変わります。長めの前髪を後ろに流すので、爽やかながらもボリューム感が出て、動きの大きいスタイルになります。ツーブロックの人であればさらに爽やかさとボリューム感のメリハリがつきます。

Before

After

今回使用した「VO5 スーパーキープ ヘアスプレイ」とともに笑顔のAさん。普段スプレイは使っていないそうですが、今回の仕上がりでスプレイのイメージが変わったようです。

ヘアスプレイ使用のポイントは、「ドライヤー+ヘアスプレイでしっかりキープ」

  1. まずドライヤーで前髪をしっかり起こし、全体に後ろに流すことを意識して温風を当てます。
  2. 少量のヘアワックスを前髪にやさしくなじませ、なでつけすぎない程度に前髪を上げ、流れを作っておきます。
  3. ここでヘアスプレイ。ガチガチに固めすぎないように、前髪から全体へとスプレイします。この時、髪との距離は写真のようにやや遠めに。


前髪から全体へとスプレイ。前髪1秒を2プッシュ、全体1秒を2、3プッシュと短時間で十分。

ショートヘアの「ジェントルマン」アレンジ

ショートヘアのMさん。ショートでもヘアスプレイで動きのあるスタイルが作れます。キリっとした感じとやさしい感じを、前髪の動きで表現しました。ショートヘアの前髪をワックスやジェルでキープしようとすると、ギトギト、パキパキになりすぎてしまいがち。スプレイだからこそできるスタイルにチャレンジです。

Before

ショートカットの前髪がぺたっと下がり気味のMさん。

After

身長180㎝、野球名門校出身のMさん。紳士的かつ爽やかスポーツマンの雰囲気に!

ヘアスプレイ使用のポイントは「前髪リフト&キープ」。

  1. ヘアワックスをごく軽く前髪につけてあげておく。
  2. 軽く立てた前髪に1秒2、3プッシュし、そこから全体に遠めからふわっとスプレイします。


前髪にスプレイする際は目に入らないように手をあてがうなどカバーを。

軽やかさがキープできる「VO5 スーパーキープ ヘアスプレイ」

今回モデルをお願いしたミディアムヘアのAさん、ショートヘアのMさんは、ともに普段はヘアスプレイを使っていないのだそうです。感想を聞いてみました。

「僕はテレビ番組で見てから、ベビーオイルを使って前髪を後ろにかきあげていました。でも時間がたつと髪型が持たないし、重く、前に下がってきてしまうのでしょっちゅうかきあげないといけないんです」とAさん。

「そもそもショートなのでヘアスプレイは縁がないと思っていました。普段ヘアワックスで固めているのでベタつきが気になっていました」とMさん。

今回、ヘアスプレイを使ったアレンジはふたりとも驚きの仕上がりだったようで、「スプレイってこんなにふんわり、しっかりキマるんですね」と口を揃えます。

「スプレイを使えば、普段気になるヘアワックスのようなベタつきもないですね。ワックスが少量でいいのはうれしいです」とMさん。Aさんは「ドライヤーである程度、根元を起こしておけばスプレイだけでもいけそうですね」と、「VO5 スーパーキープ ヘアスプレイ」のキープ力に注目。

平田さんも「軽やかさを長時間キープするなら、やっぱりヘアスプレイが適しています」と指摘。ベタつかない、固めない、でもしっかり長持ちするのがヘアスプレイの良さ。加えて、髪の裏側からスプレイすることでエアリー感を実現したり、爽やかに髪を立てることもできるなど、使い方の幅広さも魅力です。


髪との距離、狙う場所、当てる秒数の違いなど、スタイルにあわせたプロのテクニックも慣れれば自分でもできるようになります。

しかも、忙しい時間も手間いらずで簡単。ヘアスタイルを軽やかに決めて、卒業式の最後まで、かっこよくいきましょう!


今回使用した「VO5 スーパーキープ ヘアスプレイ<エクストラハード> 無香料」125g 500円(税込550円)。1966年の日本登場以来、長年にわたりアップデートしながら男ヘアスタイリングをサポートしてきた、プロフェッショナルも認める信頼のブランドです。

取材・記事 岩瀬大二
撮影 石原敦志

ヘアスタイルを一日自然にキープ
 

VO5は、1966年の日本上陸以来、プロフェッショナルに確かな品質が支持されるヘアスタイリングシリーズとして、日本のヘアケア・ヒストリーを支え続けています。

この記事のタグ
  • #VO5
  • #髪のこと
  • 5件のコメントがあります。
    並び替え
    コメントするにはログインしてください
    投稿の報告
    「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
    該当する理由を選択してください。
    キャンセル  
    投稿の報告
    通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
    閉じる
    ご協力ありがとうございました
    ※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
    注意事項
    ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
    ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
    ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
    閉じる