コラム
2020/04/02

【Q&A】妊娠中のキシリトールガム、赤ちゃんのむし歯を防げる?

5
846 views
このコラムの監修者▼



【Q】 妊娠中にキシリトールが入ったガムを噛むと、赤ちゃんのむし歯を予防できると聞きました。本当ですか?

【A】そのような報告もありますが、今のところ、妊娠中にキシリトールを摂取すると赤ちゃんのむし歯を防げるという確かな根拠は示されていません。まずはお母さんの歯みがきと歯科受診でお口の中の状態を整え、甘いものが食べたくなったときにはキシリトール(もしくはノンシュガー)が入った食品を選ぶとよいでしょう。

果実や野菜に含まれるキシリトール

ガムやタブレットの成分として印象が強いキシリトール。糖アルコールという甘味炭水化物の仲間で、多くの果実や野菜に含まれているほか、意外なことに私たち人間の肝臓でも1日に約15gのキシリトールが作られています。

むし歯菌は口の中の糖質をエサとして酸を作り出しますが、キシリトールを材料にすることはできず、増殖できません。そこで、日本では平成9年(1997年)4月に、むし歯にならない甘味料としてキシリトールが食品添加物に認可され、さまざまな食品に使われるようになりました。その多くは、白樺や樫などの木から抽出されています。

妊婦さんとキシリトールの関係

キシリトールには、プラーク(歯垢)の中の細菌を抑える働きがあるので、「妊娠中にキシリトールガムを噛めば、生まれてくる赤ちゃんのむし歯予防になる」と期待してしまうかもしれません。

今のところ、妊娠中にキシリトールを摂取すると赤ちゃんのむし歯を防げるという確かな根拠は示されていません。ですが、お母さんの口内にむし歯菌が多いと、子どもがむし歯になるリスクが高いことがわかっています。まずは、お母さんの歯みがきと歯科受診でお口の中の状態を整え、甘いものが食べたくなったときにはキシリトール(もしくはノンシュガー)が入った食品を選ぶとよいでしょう。

ただし、キシリトールを多量に摂取すると体質や体調によって下痢や腹部の不快感を起こすことがあるので、気をつけましょう。

妊娠中のお口のお手入れのコツ

妊娠すると、女性ホルモンや食生活の変化で、お口の中の環境が悪化しがち。歯をみがくのがツラいときは、デンタルリンスを使ってしっかりと口をすすぐ、何も食べていないときでもうがいをするなど、お口の中を清潔に保つよう心がけてください。

手軽に口の中を清浄化したり、口臭やネバつきをケアしたりするタブレットの活用もおすすめです。


 
監修/雫石聰(しずくいし さとし)
大阪大学名誉教授、歯科医師、歯学博士
1947年大阪府生まれ。1971年大阪大学歯学部卒業。1978年より同大学歯学部にて講師、准教授を務めた後1992年より予防歯科学教授、2002年より同大学歯学部附属歯科技工士学校長、2006年より同大学歯学部附属病院病院長を歴任。2010年大阪大学名誉教授、サンスター(株)顧問に就任。

続きを読む
5件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「クラブサンスター」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる