サンスターのこと
2018/06/15

サンスター独自の美白成分「リノレックS」って?

11
クリップ

独自の美白有効成分は研究力の証です。

夏が近づくと気になりはじめるのが肌の美白ケア。オーラルケアのイメージが強いサンスターですが、実は1970年代からスキンケア分野に取り組み、約40年前から美白(※1)化粧品を発売しています。ただ当時の美白化粧品は、美白有効成分として一般的な、ビタミンCやプラセンタエキスなどを配合したもの。研究力に誇りを持つサンスターとしては「自分たちで研究開発した成分でお客さまにもっと満足していただきたい」という思いから、新たな美白有効成分を探す研究をスタートしました。
化粧品として使いやすく安全な100種類以上もの物質で実験をくり返す日々を経て、ついに紅花の種子油にそのヒントを発見!特殊な処理を施し精製した、「リノレックS」(※2)に、美白効果があることを突き止めたのです。

「リノレックS」が着目するのはメラニン製造機。

「リノレックS」にはどんな特長があるのでしょう。そもそもシミは、紫外線を浴びることで肌の奥にあるメラノサイトがメラニンを生み出し、それが蓄積してシミに見えます。メラノサイトの中にはメラニン製造機ともいえる酵素チロシナーゼがあり、チロシンを3段階変化させてメラニンを作っています。代表的な美白有効成分が、チロシンからメラニンへの生成過程に着目する中、「リノレックS」は、チロシナーゼに着目。チロシナーゼの分解を促進することで、メラニン生成を抑制します。つまり、チロシナーゼ=メラニン製造機を減らすことで、メラニンを作らせないというユニークな発想でシミにアプローチしています。

実感するならホワイトロジーシリーズで。

このメカニズムを実感したいなら、エクイタンス ホワイトロジーシリーズのローション、エッセンス(美容液)、クリームをぜひ。3品とも「リノレックS」配合の医薬部外品ですが、なかでも累計200万本を売り上げ、美白美容液カテゴリーの数ある製品の中で通販化粧品では日本一の実績を誇り(※3)、4月にリニューアルしたばかりのエッセンスがおすすめです。

リニューアル後は、「リノレックS」とダブルの抗炎症成分を配合。「メラニンを作る命令を出す→メラニンを作る→メラニンが蓄積する」というシミの発生ルートを“追跡しながら”アプローチする日本初(※4)の“追跡型”美白美容液に進化しました。

サンスターだけの美白有効成分を配合した進化系美白美容液。ぜひ、あなたの肌で、ぜひ実感してみてください。

※1 メラニンの生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐ
※2 「リノレックS」は、美白有効成分「リノール酸S」の愛称です。
※3 2015年度 美白化粧品(通販部門)の単品別売上金額ランキング (株)総合企画センター大阪調べ
※4 3つの有効成分の組み合わせにおいて

美白有効成分「リノレックS 」で、あなたの肌にアプローチを。
 

エクイタンスは、厳選した素材と成分、細胞レベルまで追求した技術で生体機能を整え、自分らしく成長し続ける女性の内なる美しさを引き出します。

11件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 今月のおすそわけ_1807
  • Twitter
  • サンスターオンラインショップへ
  • 2018年度会員登録CP
  • 500人が体験 ガム・ナイトケア!おやすみ前の新習慣