サンスターのこと
2019/10/29

一歩先行く!歯周病対策に「ガム歯周プロケア ポイントケアブラシ」&口臭対策に「舌ブラシ」

24
クリップ

お口のエイジングケアをサポート

2018年1月に誕生した「ガム歯周プロケアシリーズ」は、「ハグキが最近弱ってきたと感じる方」「より効果的なオーラルケアを始めたいと思っている方」にオススメの、ワンランク上のシリーズ。
ハグキを内側から強くして歯周病を予防するハミガキや、ハグキをやさしくマッサージできる使用感のハブラシをはじめ、多彩なオーラルケアアイテムを揃えて、お口のエイジングケア(※)をサポートしてきました。

そんな「ガム歯周プロケアシリーズ」から、先日の記事でもご紹介した2つのアイテム、狙ってみがく歯周病対策のポイントケアブラシ&舌の汚れ・口臭対策の舌ブラシが新登場しました!

“狙ってみがく”歯周病対策

まずご紹介するのは、「ガム歯周プロケア ポイントケアブラシ」です。

歯周病対策には、歯間や歯とハグキの境目、奥歯の奥などに潜むプラーク(歯垢)の除去が欠かせません。ところが、こうした場所は一生懸命ハブラシでみがこうとしてもハブラシが届きにくく、残念ながらみがき残しが発生してしまうことが多いのです。

「ガム歯周プロケア ポイントブラシ」は、みがき残しやすい場所を“狙ってみがく”ための専用ブラシ。どうして“狙ってみがく”ことができるのか、その秘密と特徴をのぞいてみましょう。

①歯間にフィットする山型ブラシ
山型ブラシがみがき残しの多い歯間や歯とハグキの境目の汚れを集中的にかき出す。

②極細毛先のハグキケア毛
毛先が3本に分かれた極細毛先がやさしくハグキに当たりながら、軸部の強い毛ゴシでしっかり汚れをかき出す。

③10°のアングルネック設計
お口のすみずみまでフィットさせやすいように、ネックの角度を10°に設計。

気になっていた歯の重なった部分、親知らずの周り、奥歯のくぼみなどにも。“狙ってみがく”ためにつくられたブラシを使えば、みがき残しを減らすことができますね。

口腔内細菌を含む舌の汚れ・口臭対策に”舌ケア”

続いてご紹介するのは、「ガム歯周プロケア 舌ブラシ」です。

口臭に悩んでいる人は多いですが、その原因のひとつが、口腔内細菌を含む舌の汚れ(舌苔=舌の表面の白っぽいもの)であることをご存知でしょうか?口臭対策には舌苔の除去が重要です。しかし舌はとてもデリケート。普段のハブラシでこすると傷つけてしまう可能性があるため、専用の舌ブラシを使うことをおすすめします。

では、「ガム歯周プロケア 舌ブラシ」の特徴を見てみましょう。

①ブラシとヘラの両面仕様
舌表面の凹凸に入り込んだ汚れを浮かせる「かき出しブラシ」と、舌表面の汚れを取り除く「取り除きヘラ」の両面仕様。

②28mmの幅広ヘッド
舌の汚れを効率良く除去できる幅広ヘッド。

③ロングハンドル設計
握りやすいロングハンドル。

④舌にやさしいフィラメントを採用
舌を傷つけずに汚れを除去できるやさしい素材。

舌の汚れをやさしく効率良く除去できる工夫がいっぱいですね!1日1回を目安に、舌の汚れが気になる時にご使用ください。

プロがすすめるセルフケア

タフトブラシ(ポイントケアブラシのような、歯を一本一本磨くための小さな歯ブラシの総称)や舌ブラシを使ったセルフケアは、多くのプロフェッショナル(歯科医や歯科衛生士)が推奨しています。

みがき残しや舌の汚れを放っておかないで、さっそく歯周病対策に「歯周プロケア ポイントケアブラシ」、舌の汚れや口臭対策に「ガム歯周プロケア 舌ブラシ」を取り入れたケアを始めてみませんか。

※ 年齢に応じたケアのこと

歯周病・口臭に。プロが勧めるセルフケア
 

歯周病菌とたたかいつづけてきたサンスターG・U・M(ガム)のオーラルケア商品で、あなたに合った歯周病ケアをはじめましょう。

63件の「いいね!」がありました。
63件の「いいね!」がありました。
24件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 今月のおすそわけ_1911
  • サンスターオンラインショップへ
  • Twitter
  • 第7回糖尿病川柳入賞作品発表