サンスターのこと
2019/06/18

【実践レポ】自宅でダウンジャケットをセルフクリーニングしてみました

関連タグ
39
クリップ

冬物のクリーニング代は高額!なので自宅クリーニングに挑戦しました

毎年衣替えの時期になると、ダウンジャケットをクリーニングに出すか、出すまいか悩みます。クリーニング代が3,000円くらいかかってしまうので、お手軽価格で購入したダウンは特に…。

そんな時に思い出したのがセルフクリーニング洗剤「ドライアップ」がダウンジャケットにも使えるということ。セーターやおしゃれ着だけではなく、ダウンや毛布、制服まで洗えるんですよね。いつかやりたいと思っていたので今年は決意して、クラブサンスター担当スタッフSがチャレンジしてみました!

まずは失敗してもいい!?旦那さんのダウンで

次の冬にも着たい自分のダウンジャケットが万が一しょぼしょぼになるのは惜しいので(笑)、まずは買い替え寸前の旦那さんのダウンでお試ししてみることに。

ドライアップに同梱されている「お洗濯マニュアル」に従って準備します。
まずは取り扱い表示を確認。

かなり小さいけれど、「手洗い30」の表示を発見。

いざ、洗濯!でもちょっと待てよ。洗濯機で洗えるの?

お洗濯マニュアルによると、ダウンジャケットは「洗濯機でつけこみ洗い15分」となっています。でも我が家の洗濯機は、一度水を入れると洗濯・すすぎ・脱水と進んでしまい、水だけ抜くことができないタイプ。ここは慎重に洗面台に水をためてつけこみ洗いすることにしました。

まずは、食べこぼしの汚れに直接液を垂らして、ブラシでトントン。
次に20℃ぐらいのぬるま湯を洗面台にため、ドライアップを入れて洗濯液を作ります(手洗いの場合、5L程度の水に、ドライアップ5mLが目安)。そこにダウンジャケットを静かに投入。

(全体がつかるよう、この後お水とドライアップを少し足して、洗濯液を増やしました)

もみ洗いはNGですが、ダウンが空気を含んでいるので、洗濯液が全体にしみこむように押し洗いが必要です。
数回押しただけで、早くも洗濯液が濁って汚れが浮き出してきました。すごい…!

15分浸したら洗濯機で脱水。
“速度が一定になってから30秒”とマニュアルには書いてありますが、我が家の洗濯機では最短1分以下の設定ができなかったので、手動でスイッチを停止しました。

(洗濯槽に貼り付いていたのではがした状態。変色しているように見えますが、光の加減によるものです。事前に色落ちチェックをしたので大丈夫)

この後、洗面台にキレイな水をためて「つけこみすすぎ」1分。
1回目の脱水時間がちょっと長いかなと感じたので2回目は10秒程度に。薄いダウンなので十分です。
つけこみすすぎ2回目では水も濁らず、あまりの簡単さに「これで終わり?」と思ったものの、最後にもう一度10秒程度脱水をして完了です。

陰干ししつつも、のしかかる不安。元通りに膨らむのか?

洗濯機から出して触ってみると、洗濯液のヌメリはなく、柔軟効果も出ていて表面はすっきり。平らにして風通しのいいところに干します。

しわがどの程度伸びるか、ふんわりふっくらがどの程度戻るのか、洗濯直後は結構心配…。
この状態で半日経過後、偏ったダウンをほぐしつつ全体のしわを伸ばして整え、一日が経過。
気になっていたしわはほぼ気にならない程度に伸び、ふっくらふんわりして軽さが戻りました。

食べこぼしの汚れは完全に消えています。

襟汚れは触って実感。ベタついていた表面がサラサラの感触になりました。

見事にふんわりふっくらに戻ったダウンジャケット。
来年もこれを着てもらうことにしよう(笑)。
お試しは無事成功!仕上がりにも大満足なので、他のダウンジャケットもさっそくドライアップで洗います!

衣替えに!ダウンジャケットも自宅で洗ってすっきり
 

大事な衣類がご家庭で簡単に洗えるドライアップ。大切な衣類(※)をたった3分のつけ込み洗いで、簡単にご家庭で洗うことができます。
※すべての衣類が洗えるわけではありません。詳しくは取扱説明書でご確認ください。

70件の「いいね!」がありました。
70件の「いいね!」がありました。
39件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 今月のおすそわけ_1911
  • サンスターオンラインショップへ
  • Twitter
  • 第7回糖尿病川柳入賞作品発表